勝ち組トレーダは見ている?!役に立つかもしれない投資情報サイト6選

この記事は約2分46秒で読めます

 

今回は投資情報サイトを6つ厳選して紹介します。

 

ザイFX!

ザイ

http://zai.diamond.jp/list/fxcolumn/hitsuji

 

いろいろコンテンツがありますが、私は指標の確認として使っています。

 

米国指標は「SS」「S」「AA」「A」「BB」「B」「C

その他の経済指標は「」「」「」「

 

ザイFXはこのように指標のランク分けが細かく、重要度が一目瞭然のため、「トレードを避けるべき時間帯」がわかりやすいのです。

 

ちなみに私は「SS」「S」「AA」「A」「」の指標があるときは、基本的にポジションは持たないようにしています。

 

Bloombrg(ブルームバーグ)

bloomberg

http://www.bloomberg.co.jp/news/markets/index.html

 

ここは、世界の「株式」「外国為替」「債権」「消費先物」「エネルギー」といった情報を「一括で見れる」の便利です。

 

ひと通りサーッと目を通すだけでも、いま世の中がどういった動きをしているのかなんとなくわかってきます。

 

Klug

klug

http://www.gci-klug.jp/fxreview/

 

クルークは「FX投資家向けの為替ニュース」がテーマなだけあって、為替市場関連のニュースが豊富です。

 

私は為替ニュースより為替レビューというコンテンツを見ることが多いので、ここでもそちらのページを紹介しています。

 

REUTERS(ロイター)

ロイター

http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/forexforum

 

こちらのページでは最近話題になっているニュースがどういった影響をあたえているのかが専門家の考えとしてまとめられています。

 

ここを見ることで、話題は「落ち着きつつあるのか?」、まだ「油断を許さない状況なのか」などがわかるため、今後の流れがどうなりそうか目安として参考にすることができます。

 

プライムニュース

プライム

http://www.bsfuji.tv/primenews/index.html

 

ここは基本的にいま話題のニュースを動画で解説しているサイトになりますが、金融市場でなにかあれば金融の専門家などを交えてわかりやすく「動画」で解説がされていることがあります。

 

最近(2015年6~7月)の中国の動向やギリシャ問題などが言われていましたが、何が起きていたかよくわからないという方もいるのではないでしょうか?

 

そういったときにこちらのサイトを見ると、いまなにが起きているのかが良くわかります。

 

テレビ東京 モーニングサテライト

モーニングサテライト

http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/

 

こちらも動画でいまの情勢がわかるサイトになっています。

 

プライムとの違いは専門家による「相場見通し」などがあることです。

 

影響を受けすぎるのは良くないと思いますが、プロはどういった目線で相場を見ているのか?などを理解するには良いでしょう。

 


 

これらのサイトを見ることで、自分自身のトレードに悪影響がある場合もあります。

 

例えば、自分の分析の結果では上昇の可能性が高いが、ニュースサイトでは下げると言っているときなどトレードに自信が持てなくなる可能性があります。

 

そういった場合は、「自分にとってなにが良いのか」を考えて、見ないほうが良いとなればスパッと見ないという選択をするようにしましょう。

 

または、さまざまな方の見解を総合して、相場がどうなりそうか多数決をとり、上昇が多いという意見があれば、逆に下落で勝負をかける。といった使い方もできるかもしれません。

 

情報サイト一つとっても「コレ」という使い方はないので、いろいろ研究してみると良いでしょう。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー