キャンドルマイスターFX実践検証1~10回エントリーした場合の成績は?の巻~

この記事は約6分40秒で読めます

 

通貨ペア:ユーロドル

1戦0勝1敗
合計:-4pips

2013-07-03_23h56_19

 

 

実践する予定ではありませんでしたが、

キャンドルマイスターFXを表示させたところ、

Sランクのエントリーサインがでていたのでエントリーしました。

 

 

キャンドルマイスターFXでは

期待値の高さで3つのランク分けされています。

 

  • 期待度Sランク
  • 期待度Aランク
  • 期待度Bランク

 

S、A、Bの順で信頼度が高くなっているようです。

 

 

内容をまだ詳しく確認できていないので、

このへんについては、また改めて書きたいと思います。

 

キャンドルマイスターFXのエントリー解説

 

2013-07-03_16h21_28

 

エントリーした位置は赤丸のところです。

 

本来エントリーするべきところは下向きの矢印が表示されている

一本前のローソク足になりますが、少し確認したのが遅く画像の位置になりました。

 

 

 

2013-07-03_16h4s0_15

 

その後、一旦は下げたものの戻り、赤丸の位置で損切りとなりました。

 

 

キャンドルマイスターFXの決済は判断が簡単という理由から、

5本足決済が採用されています。これは利確も損切りも同じになります。

 

 

エントリーした足を含めて5本目の足が確定されたら

そこで含み益だとしても、含み損だとしても決済するということです。

 

 2013-07-03_16h40_15

 

裁量判断ができないうちは、これを使ってくださいといことのようですが、

後々は裁量判断にて相場状況に合わせた損切りをしていくことを推奨しています。

 

 

今回は5本足決済をしましたが、

チャートをみる限りではもう少し持っておいてもよい場面でした。

 

 

なぜもう少し持っておいてよい場面だったのか

 

2013-07-03_16h40_156

 

 

左の青丸付近はMAと抵抗線が重なる位置なので、

そこで抑えられて跳ね返されることも考えられましたし

右の青丸のあたりも抵抗線が引けるのでそこで抑えられて

跳ね返されることも考えられました。

 

 

ですので裁量を加えたとすれば損切りは、

上の抵抗線を上抜けした赤丸のあたりと考えたと思います。

 

 

その後の値動きはどうなっていったのか?

 

2013-07-03_21h16_42

 

その後、

決済した次の足から下がって行きましたが、

こういうことは良くあることです。

 

 

決済した後のことは考えないようにしましょう。

 

 

利益がでた、でないより、

ルールをしっかり守れたほうが大切です。

FXはルールを守ることが重要になります。

 

 

以下は、もし私の判断でそのまま保有していたとすれば、

決済は以下のどれかになっていたという仮定の話になります。

 

 

もしポジションを保有していたらどこで決済していたのか?

 

 s

 

1、サポートラインにぶつかった位置、もしくはぶつかりそうな付近

2、サポートラインを一度抜て、戻ってきてしまった付近

3、MAを上抜けしてきた付近

4、抵抗線を抜けた付近

 

 

4はたぶんないですね。

 

 

一番選ぶ可能性が高いのは3だと思います。

2、3の間の攻防は見守りたいところですので。

 

 

次は2です。

 

 

ただし、これは5分足しかみていない場合の決済ポイントなので、

違う時間足を確認していればまた違ったポイントになります。

 

 

以上、もしポジションをそのまま保有していたら、

ここで決済したよというお話しでした。

 

 

さらにその後のチャートを見ていると

 

2013-07-03_21h16_428

 

しばらく過ぎた付近で、またSランクのサインがでていますが、

手前のSランクは抵抗線とMAが重なる付近ですし、

MAの角度も上向きなのでエントリーはするべきではないですね。

 

 

次のSランクサインもそうです。

 

 

MAの角度は平行になってきているので、

もみ合う可能性があるポイントになります。

 

 

もちろん、そのまま下がることもありますが、

期待値として低いので見送るということです。

 

 

無裁量でエントリーした場合の過去10戦の成績

 

では、キャンドルマイスターFXのサインに素直に従った場合、

どういった結果になるのか過去チャートを振り返ってみました。

 

 

Sと表示されていても、矢印がでていないものに関しては

エントリーサインではないのでカウントしていません。

 

 

紫のラインがエントリーした位置で、黒のラインが決済した位置になります。

 

 

2013-07-03_21h29_53

 

2013-07-03_21h30_13

 

 2013-07-03_21h30_36

 

2013-07-03_21h30_48

 

2013-07-03_21h31_09

 

2013-07-03_21h31_16

 

10戦7勝3敗
合計:+40.5pips

 

 

10トレードだけではなんの判断もできないのですが、

負けが多いよりは安心感はありますね。

 

 

ただ薄利になってるエントリーについては、

スプレッドが1などでないと結果はマイナスになります。

 

 

今後実践していくなかで、

有効性というのも明確になってくるとは思いますが、

サイン通りのエントリー、5本足決済だけでは、

やはり心もとないと言わざるえないです。

 

 

サインがでた位置を元にトレード戦略を組み立てるというのが

キャンドルマイスターFXの使い方になるかと思います。

 

 

これを使えば勝てるではなく、

勝つために使える道具という考えで手にすれば

とくに後悔することはないでしょう。

 

 

購入しようか迷っているなら、

勢いで購入せず、要検討してみてください。

 

 

キャンドルマイスターFX~の評価

採点

再現性 3点(良い)
購入後のアフターフォロー 3点(良い)
応用のしやすさ 3点(良い)
価格と内容のバランス 3点(良い)
売り込みの激しさ 1点(普通)

 

合計13点:B級商材

 

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

  1. ビクトリーメソッドアドバンスとマエストロFXの違い

お知らせ

maestro

全カテゴリー