キャンドルマイスターFX実践検証2~最悪のトレードの巻~

この記事は約4分39秒で読めます

 

通貨ペア:ユーロドル

2戦1勝1敗
合計:+15.7pips

2013-07-10_18h25_35

 

 

今回は久しぶりにストレスを抱えたトレードでした。

 

 

キャンドルマイスターFXは1分足、5分足、

15分足、30分足、1時間足に対応しています。

 

 

ですので、私は試しに5分足、15分足、

30分足、1時間足を表示させてみています。

 

2013-07-10_08h31_35

 

 

エントリー1回目

2

 

Aランクのサインがでたので、

赤丸のところで売りエントリーしました。

 

 

陰線が少し長すぎなのが気になりましたが、

思ったように下落せず、①のラインと、

②のラインで揉み合うようなら粘らず決済。

 

 

②のラインを超えて上昇したら、

下落の勢いがあまりないということで損切り。

 

 

下落して①のラインを超えるようであれば、逆指値を浅くする。

というようなことを考えていました。

 

 

結果的にこのシナリオは守れませんでした。

 

 

3

 

 

左の赤丸のところがエントリーしたポイントです。

小さくわかりずらいですが、いったんここで山を作っています。

 

 

その山を次の赤丸付近で超えてきているので、

いつもならこのあたりで損切りになります。

 

 

しかし、もみ合っている途中で15分足にもサインが・・・

 

 

 4

 

ここで、2つも下落サインがでているということは、

もしかして下落の勢いが強いんじゃないだろうか

ということを考えてしまいました。

 

 

 5

 

その結果、損切りするはずだった赤のゾーン付近になっても、

もう少し粘ってみようと損切りをせず、そのまま保有。

 

 

その後、15分足のサインの場所から

ローソク足5本後の足(右の赤丸のあたり)で損切りしました。

 

 

この15分足の5本後まで待つというのもやるべきではないですね。

 

 

なぜ15分足の5本後まで待ったかというと、

根拠もなく少しだけでも下がってほしいなという感情論になります。

 

 

ルールも何もないです。

 

 

久しぶりにストレスを感じながらのトレードでした。

反省すべき最悪のトレードといえますね。

 

 

自分のシナリオが崩れた状態で

トレードを続けることは絶対にしてはいけないことです。

 

 

2回目のエントリー

2013-07-10_17h10_13

 

リアルタイムに画像を撮るのを忘れましたが、

流れとしては以下のようになります。

 

 

①で前回高値を更新を確認してエントリー、逆指値は前回高値

②Pivotを終値で超えた時点で、逆指値を建値の上に移動

③15分足の青色MA付近で成り行き決済 

 

 

Aランクの上昇サインはでていますが、

正直ほとんど参考にはしてないです。

 

 

高値安値の切り上げ、

MAの角度だけで判断したようのものですね。

 

 

まとめ

 

キャンドルマイスターFXのサインは、

今回の実践の通り、ただ従っていれば

勝てるというものではありません。

 

 

ですので、サインに従えば勝てるかもしれないと思って

購入しても期待するような結果は得られないでしょう。

 

 

トレードの補助には使えるかもしれませんが、

今回の私のようにサインに引きずられて

本来のトレードが崩れてしまうこともあるので注意は必要です。

 

 

キャンドルマイスターのサインには

今のところあまり価値を感じませんが、

週に一度トレード動画がアップされるということで

そちらで裁量が学べるか期待したいと思います

 

 

キャンドルマイスターFX~の評価

採点

再現性 3点(良い)
購入後のアフターフォロー 3点(良い)
応用のしやすさ 3点(良い)
価格と内容のバランス 3点(良い)
売り込みの激しさ 1点(普通)

 

合計13点:B級商材

 

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー