ゴルスパFX実践検証1~利食いの判断の巻~

この記事は約2分29秒で読めます

当サイトではイサムさん関連商材の扱いは終了となりました。

終了に至った経緯はこちら

 

資金100万(デモ)

ロット数1(10万通貨)

通貨ペア:ユーロドル

 

1戦1勝0敗
計:+3.7pips

2013-04-18_19h33_25

 

 

ゴルスパチャートを開いたところ、

1時間足で下降トレンド、5分足で長い陰線を付けて

5分足のサポートラインをブレイクしていたので、

トレンドの勢いが強いとみてエントリーしました。

 

 

ゴルスパルールの基本的なエントリーになります。

 

3-5-1_R

 

1時間足はこんな感じでした

 

1時間足の2本の移動平均線も開きはじめていましたね。

 

3-5-2

 

もう少しエントリーを待って、5分足で上昇の矢印が出た後、もう一度逆行して

下降の矢印がでたところでのエントリーのほうが勝率的には高くなるでしょう。

 

 

その後、順調に下降していったところで、

1.29000の心理的節目で跳ね返されました。

 

3-5-3_R

 

このとき考えていた流れは、1.29000の心理的節目に

3度トライして抜けなかったら、決済しようと考えていました。

 

 

その後、3度トライしたものの抜けなかったので決済しました。

 

3-5-4_R

 

+3.7pips

 

直近の高値より上で損切りという考えもありますが、

今回に限っては前日に急激に上昇をしていたのも気になりましたし、

負けるよりはいいだろうという判断です。

 

 

その後に1.29000の心理的節目を抜けたとしたら、

レジスタンスラインとして機能するのを確認してエントリーと考えていました。

 

 

画像の赤丸の部分でエントリーですね。

 

3-5-9_R

 

その後は上昇して行きました

 

すでに集中力が切れていたのでエントリーはしませんでしたが、

レジスタンスがサポートラインに変わったら

エントリーというのが基本的な流れになりますね。

 

3-5-7_R

 

まとめ

 

ゴルスパを使っているとしても、

ゴルスパチャートに表示されている結果だけをみて

判断をしているわけではないということです。

 

 

ゴルスパで勝てないという方は、

おそらくゴルスパチャートに表示された結果だけをみて

エントリー決済を決めてしまっているんじゃないかと思います。

 

 

とはいえゴルスパを購入する理由は、

ゴルスパを使って勝てるようになりたいということなので、

それで勝てないというのはそれはそれで問題なんですけどね。

 

 

ただゴルスパに限らず、どのFX商材を購入したとしても

ある程度裁量判断ができないと安定した成績はだせないと思います。

 

 

FXで損を膨らまさないようにするには

早い段階で裁量スキルを高める必要がありそうですね。

 

 

ゴルスパFXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー0点(悪い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス1点(普通)
売り込みの激しさ-2点(話にならない)

合計5点:C級商材

 

ランク説明

点数画像

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー