PLATINUM TURBO FX検証16【2015/9/25の相場】

この記事は約2分52秒で読めます

 

プラチナ ターボ FXの検証方法については以下のページをご覧ください。

PLATINUM TURBO FXの検証方法について

 

東京時間(9時~16時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

東京
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)

1回目:約+4pips
2回目:約+17pips
3回目:約-10pips
4回目:約+7.3pips

合計:約+18.3pips

 

ロンドン時間(16時~24時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

ロンドン
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはNY時間と重なる時間帯)

1回目:約+12pips
2回目:約+7pips
3回目:約+7.3pips
4回目:約-7.3pips
5回目:約-11.2pips
6回目:約+7pips

合計:約+14.8pips

 

ニューヨーク時間(22時~5時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

NY
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはロンドン時間と重なる時間帯)

1回目:約+5pips
2回目:約-7.3pips
3回目:約-6.7pips

合計:約-9pips

 

まとめ

今回は全体的に調子が良かったようです。

 

これまでの検証結果では、前日から上昇しているときは、調子が良いということが多いのですが、今回もそのような感じになります。

 

■1時間足チャート

2015-09-26_10h44_26

 

ただ前日上昇していれば今日も上昇すると考えるよりは、チャート分析をした上で、トレードプランを立てたほうが良いことは間違いないですね。

 

一番私が簡単だと思うトレードプランの作り方は、ラインを使ったものになります。

 

ラインを使い簡単にトレードプランを考える方法とは

■1時間足チャート

2015-09-26_14h49_08

上記画像は1時間足を遠目で見たものにザクザクっとラインを引いたものになります。明るいところが25日です。

 

ラインの使い方は、基本的に「利食い」「損切り」「反転確認」「抜け確認」になるのですが、現状としては赤のラインを下抜けているのがわかるかと思います。

 

これは「抜け確認」になるので、①もしくは②を利食い目標として売るというプランが立ちます。

 

つまり来週の月曜は、基本的に売っていくということになります。

 

そして①まで売り続けたところで、①を抜けずに反転上昇するなら「反転確認」で赤のライン、もしくは③まで買うというプランになります。

 

①をそのまま下抜けてくるなら、②まで売り続けます。

 

これがラインを使ったトレードプランの立て方になります。

 

ラインを使ったプラントサインツールを組み合わせる

ラインを使ったプランと、サインツールを組み合わせるというのは、「抜け確認」で、抜けた方向のサインのみを選んでエントリーをする。

 

「反転確認」で反転下方向のサインのみを選んでエントリーをするといったことになります。

 

安易に前日上昇していたから、今日も上昇するだろうと考えるより、このようなプランを立ててトレードをしたほうが、良い結果になることは多いはずです。

 

ただ、私のいまの状況として、そういったことはしたくなので、今後も簡単な判断方法を組み合わせて(前日上昇していれば次の日成績が良いなど)、なんとか精度が上げられないか試していこうと思っています。

 

ちなみに基本的な考え方を書いているにすぎないので、必ず「反転確認でエントリー」「抜け確認でエントリー」をするということではないのでご注意ください。

 

PLATINUM TURBO FXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ1点(普通)

合計13点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

PLATINUM TURBO FXを購入(白山特典付き)

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー