PLATINUM TURBO FX検証17【2015/9/28の相場】

この記事は約1分44秒で読めます

 

プラチナ ターボ FXの検証方法については以下のページをご覧ください。

PLATINUM TURBO FXの検証方法について

 

東京時間(9時~16時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-29_01h26_53
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)

1回目:約-4.7pips
2回目:約+4.1pips
3回目:約-3.1pips

合計:約-3.7pips

 

ロンドン時間(16時~24時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-29_01h32_54
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはNY時間と重なる時間帯)

1回目:約-4.4pips
2回目:約+13.5pips
3回目:約+3.1pips
4回目:約-6.2pips

合計:約+6pips

 

ニューヨーク時間(22時~5時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-29_12h15_37
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはロンドン時間と重なる時間帯)

1回目:約-6.2pips
2回目:約+7.8pips
3回目:約+3.2pips
4回目:約-5.3pips

合計:約-0.5pips

 

まとめ

■1時間足チャート

2015-09-29_12h36_53

今回は、一日を通して下げ相場になっていたので、プラチナターボFXとは相性の良い相場になります。

 

ただ今回からストップロスと、zigzagのパラメーターを変更しての検証になるので、小さく損切りをする分、伸びる場面で損切りになってしまっている状況があったようですね。

 

おそらく前回までのパラメーター設定であれば、今回はわりと利を取れた相場状況だったと思います。

 

他にもパラメーターを変更したことによる影響として、エントリー回数が減っていることや、損切り幅の減少などが確認できます。

 

いまのところ、パラメータ変更による影響が良いものか悪いものかというのは判断できないので、このまま2週間ほど様子見てみようと思います。

 

PLATINUM TURBO FXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ1点(普通)

合計13点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

PLATINUM TURBO FXを購入(白山特典付き)

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー