PLATINUM TURBO FX検証9【2015/9/16の相場】

この記事は約1分47秒で読めます

 

プラチナ ターボ FXの検証方法については以下のページをご覧ください。

PLATINUM TURBO FXの検証方法について

 

東京時間(9時~16時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-17_07h35_05
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)

1回目:約-3.4pips
2回目:約+6pips
3回目:約-5.2pips
4回目:約-6pips

合計:約-8.6pips

 

ロンドン時間(16時~24時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-17_07h40_10
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはNY時間と重なる時間帯)

1回目:約-13pips
2回目:約-8.4pips
3回目:約-1.5pips
4回目:約+4.5pips
5回目:約+5.8pips
6回目:約+5.8pips
7回目:約+4pips
8回目:約-9.6pips
9回目:約-9.3pips
10回目:約-9pips

合計:約-30.7pips

 

ニューヨーク時間(22時~5時)の成績

■上「5分足」 下「1分足」 ドル円チャート

2015-09-17_08h39_50
赤線(エントリー) 青線(見送り) 紫線(市場開始と終了)(青ゾーンはロンドン時間と重なる時間帯)

1回目:約-9.2pips
2回目:約-8.8pips
3回目:約+2.4pips
4回目:約+8.2pips
5回目:約+6.6pips

合計:約-0.8pips

 

まとめ

なかなか苦戦していますね。

 

利益に対して損切り幅が大きくなっているため、コツコツドカンといったトレードになりがちのようです。

 

いまはドル円相場に限らず、全体的にボラティリティが低くなっているので、プラチナターボFXでのトレードは控えても良い時期かもしれません。

 

もしくは、ボラティリティが低い状態に合わせてパラメーターを変更するなどの対策が必要そうです。

 

ただ、今はあまりプラチナターボFXを研究している余裕がないので、ひとまずこのままの条件で今月いっぱいは続けてみようと思います。

 

PLATINUM TURBO FXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ1点(普通)

合計13点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

PLATINUM TURBO FXを購入(白山特典付き)

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー