スキャルピングFXプロ検証評価~初心者でも再現ができる商材なのか?

この記事は約6分55秒で読めます

 

 

スキャルピングFXプロは

初心者でもできると販売ページに記載がありますが

初心者では再現するのは難しいでしょう。

 

 

チャート上にシグナルがでるので、

それに沿ってエントリー・決済するかと思うかもしれませんが、

そうではありません。

 

 

チャートを分析してエントリー・決済をする裁量商材になります。

 

 

ルールはありますが、

自分なりのルールを作ろうという意識がなければ

勝てるようにはならないでしょう。

 

 

再現性はけして高くはないですが、

その分身につけば一生もののスキルになるという王道系FX商材の一つです。

 

 

ただ、個人的な評価としては、そこまで高くありません。

 

 

スキャルピングFXプロの特徴

 

  • 2007年発売のロングセラー商品
  • 指標スキャル、スイングトレードにも対応
  • トレードすべきかしないべきか判断できるようになる
  • 推奨時間は17時~26時

 

 

2007年発売ですから2013年現在まで6年経過していることになります。

 

 

ビクトリメソッドアドバンスしかり、スパンモデルFXしかり、パリス昼豚しかり

ロングセラーになっている商材の傾向として一過性のものではなく

いつの時代のどんな相場でも対応ができるものだという特徴があります

 

 

それとは、逆にパッと売れてパッと消えるのはEA(自動売買ソフト)などになります。

 

 

6年前に発売されたEAでいまだに販売されているものがないというのが

EAの寿命の短さを物語っているのではないでしょうか。シグナル配信も同じですね。

 

 

結局のところFXで勝ち続けるには、

楽に走らず苦労してでも裁量スキルを付けるしかないということです。

 

 

そういった点では、スキャルピングFXプロは

裁量商材なので購入しても使えなくなるということはありません。

 

 

ただ裁量スキルを向上させるという意味では、

スキャルピングFXプロだけでは難しいです。

 

 

FX未経験者や、

初心者にはオススメできない理由はいくつかありますが、

それも理由の一つになりますね。

 

 

エントリーや決済のルールもありますが、

裁量商材なので最終的な判断は自分ですることになります。

 

 

はじめにもいいましたが、

自分なりのルールが作る意識がなければ勝てるようにはなりません。

 

 

ルールに従っていれば勝てると思って購入すると期待を裏切られます。

 

 

ただし、ルール通りにエントリーすれば勝てる商材というのはないので、

「ルール通りにエントリーしても勝てない=悪い商材」

ではないというのは付け加えさせてください。

 

 

スキャルピングFXプロの手法について

 

スキャルピングと付くぐらいなので、スキャルピングなんですが、

それほどエントリーチャンスは多くはありません。

 

 

またトレンド相場、レンジ相場のどちらでも対応が可能とはありますが、

推奨取引時間が17~26時(値動きが活発になるころ)ということからもわかるとおり

トレンド相場での順張りエントリーが主になります。

 

 

東京時間(値動きがあまりない)だと、あまりエントリーする機会はないですね。

 

 

ですので、9~18時頃しか時間がとれない方ですと

エントリーするチャンスがあまりないということになります。

 

 

逆に夕方から夜に時間のとれる方でしたら、相性はいいです。

 

 

ただし、スキャルピングの場合は集中しなくてはできません。

基本的にはパソコンに張り付きながらのトレードになります。

 

 

そういったことができないということであれば、

スキャルピングFXプロはやめておいたほうが無難です。

 

 

一応、スイングにも対応はしていますが、

スイングでしたらスイング手法に特化した商材のほうがいいです。

 

 

使うインディケーターの種類

 

インディケータは

 

  • 移動平均線
  • MACD
  • ボリンジャーバンド
  • ADX
  • RSI

この5つ表示させることになるので

チャート画面はごちゃごちゃした感じになりますね。

移動平均線だけでも4本表示させます。

 

 

インディケーターでエントリー、決済の判断をしていくんですが、

全てのインディケーターの条件に当てはまったらエントリー、決済というわけではなく

エントリーはこのインディケーターで、決済はこのインディケーターと使わけていく感じです。

 

 

ですので、極端にエントリー数が少なくなるというものではないですね。

そうはいっても、1時間に10回あるというものでもないです。

 

sukya1

 

 

これは何分足チャートかわかりませんが販売ページに掲載されている画像になります。

 

 

数分間に潜むチャンスと書かれているので、5分足チャートかと思いますが

そうすると約1時間に1回はエントリーチャンスがくることになります。

ですが、1時間に1回エントリーできる状況というのもそうないでしょう。

 

 

監視する通貨ペア数、相場状況にもよりますが、

3時間で5回あれば多いぐらいになります。

 

 

推奨されている通貨ペア

 

これでなくてはダメという通貨はありませんが、

スキャルなのでスプレッドが狭い通貨ペアが推奨されています。

 

 

スプレッドの狭さもFX業者次第ですが、

ドル円、ユーロドル、ポンドドル、ポンド円などは

どの業者でも狭くなっている通貨ですので、

スキャルピングFXプロで推奨されている通貨になります。

 

 

スプレッドの他にスキャルでは

注文・決済の操作のしやすさも重要なポイントになるので、

そのあたりを踏まえるとGMOクリック証券などが使いやすそうですね。

 

 

説明するまでもないとは思いますが、GMOクリック証券などを使う場合、

スキャルピングFXプロを設定したMT4を見てエントリー、決済ポイントを判断し、

注文はGMOクリック証券でするということになります。

 

 

私はFXを始めたばかりの頃、

MT4ならMT4で注文・決済するものと思っていたので、

一応ということで説明させて頂きました。

 

 

ちなみに、スキャルピングFXプロは、MT4VTに設定できるようになっています。

 

 

FX未経験者、初心者でも再現できる?

 

繰り返しになってしまいますが、

未経験者、初心者は購入の必要なし

です。

 

 

スキャルピングFXプロは100ページほどのPDFファイルで構成されていますが、

けして読みやすいデザインではありませんし、基礎的な用語も解説されていません。

 

 

未経験者、初心者が購入しても理解できず読んだだけで終わってしまうでしょう。

 

 

そもそもになってしまいますが、

FX未経験者や初心者はスキャルピングには手を出さないほうがいいです

 

 

合う手法、合わない手法というのは人それぞれなので一概にダメとはいえませんが、

エントリーまで考える時間が長いほうが勝率はあがるというのが一般的な考えになります。

 

 

ですので考える時間が少ないスキャルを初心者がやるというのは無謀ということです。

 

 

すでに自分のエントリールールに沿ってトレードできていて

もっとトレードに広がりを持ちたいという方であれば、

購入しても無駄になることはないはずです。

 

 

自分の状況、目的次第ということですね。

 

 

まとめ

 

スキャルピングFXプロは人を選ぶ商材になります。

 

 

発売されたのが6年前ということで、

いろいろな方の評価もありますが、

けして良いというものだけではありません。

 

 

裁量商材なので、成績は使う人で

全く違うものになるというのが大半の意見です。

 

 

私個人の率直な感想としては、内容は悪くないものの、

けしてコストパフォーマンスがいいとは言えない商材です。

 

 

スキャルピング商材ではありますが、

スキャルピングならこの商材という感じでもないでもなく、

個人的にはスキャルマスターのほうがオススメです。

 

 

スキャルマスターがオススメな理由は改めて書くとして、

スキャルピングFXプロの最終的な評価としては、

状況しだいで検討可(B級商材)になります。

 

恋スキャFXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス1点(普通)
売り込みの激しさ5点(すごく良い)

合計15点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー