ドラゴンストラテジーFXの検証評価レビューをしてみました

この記事は約4分41秒で読めます

 

ドラゴンストラテジーFXの特徴や機能については、販売されてから時間が経っていることもあり、他のサイト様で詳しく解説がされているので今回は紹介を控えます。

 

私はドラゴンストラテジーFXを購入していませんし、するつもりも今のところないので、使い心地などについてはわかりません。

 

ですので今回の検証レビューはただの感想のようなものとして見て頂ければ幸いです。

 

ドラゴンストラテジーFXの販売ページはある意味すごい

ドラゴンストラテジーFXはスターハンターFXというシグナルツールと販売元が同じのようですね。

 

スターハンターFXの販売ページを見てみると、1年で約1万pips超え、収益は10万通貨でトレードした場合1000万円と書かれているのですが、ドラゴンストラテジーの販売ページにもほぼ同じようなことが書かれています。

 

2015-06-11_14h51_50

 

2015-06-11_14h52_27

 

上がドラゴンストラテジーで下がスターハンターFXです。

 

この時点で、販売ページに書かれている成績などは信用に値するものではないと考えて間違いないでしょう。

 

もし仮に販売ページに書かれている通りドラゴンストラテジーを使うことで、1年で1万pips超えるなら1000万を払ってでも安い買い物になります。

 

こういった表現を誰でも見れる環境でどうどうと言えてしまうことには、ある意味尊敬しますが、するべきではないですね。

 

今更、このような過大表現にどうこう言いたくはないのですが、こういった表現を鵜呑みにしてFXを始めてしまう方は少なからずいます。

 

また、これまで勝てていない状況から藁をもつかむ思いで、これが最後と言い聞かせて購入しようと考える方もいるでしょう。

 

なので改めて忠告のために言いますが、誰がやっても同じ結果になるなんてありません。

 

シグナルツールは、ただの道具なので使い手次第で良くも悪くもなります。

 

イチロー選手が使っているバットを使ってもイチロー選手と同じレベルで野球ができないのと同じです。

 

ですので、ドラゴンストラテジーFXに限らず、シグナルツールに興味を持っている方は、「これを使えば勝てるのか」という考えではなく、「自分の手法の弱い部分を補足できるのか」と考えて購入を検討する必要があります。

 

さまざまなサイトで高評価のようですが…

今回ドラゴンストラテジーを評価したのは読者様から、ドラゴンストラテジーFXはどのサイトでも評価が高いので、私にも評価をしてほしいという問い合わせメールからなのですが、確かに高評価としているレビューワー様が多いようです。

 

どうやら相場状況の判断がしやすい。シグナルが有効に機能する。ということで高評価にしている方が多いようですね。

 

ただ私としてはロジックがブラックボックスな時点で、高評価にはなりません。

 

悪いということではなく、これまでのシグナルツールと変わらず良くも悪くも使い手次第という評価です。

 

ちょっとした裏話し

商材レビュー業界というのは、影響力の強いレビューワー様が商材のレビューをした際、この人が評価を高くしているなら、じゃあ自分のところも評価を高くしておけば間違いないだろう。という流れでレビュー記事を書くレビューワー様は少なからずいると思います。

 

ですので、影響力をもった方が高評価なのであれば、それが良いものであっても、そうでないものであっても、高評価なレビューが増えるのでしょう。(あくまでも私の勝手な推測です)

 

そういった状況もあるので、商材を購入する際は、嫌になるほど情報を収集し、購入前に紹介している方に直接質問をするなどしたほうが間違いないです。

 

ドラゴンストラテジーを購入すべき、しないべきかの判断基準

このような人なら購入しても損はしないだろうという私なりの基準になります。

 

手法を補足するという考えで購入する

さまざまな検証ブログを見た上で、自分の手法と相性が良さそう「手法の弱い部分を補足できるかもしれない」と考えることができる方であれば、道具として上手く使いこなせる可能性があるため購入しても問題ないでしょう。

 

使えなかったとしても、そういった考え方ができる方であれば、購入費はテスト費用程度に割り切ることができるはずです。

 

逆に、さまざまな検証サイトを見て、「これを使えば自分も勝てそう」と思った方は、購入する必要はありません。

 

イチロー選手のバットを使ってたまたまヒットが打てることはあっても、継続してヒットを打ち続けることが不可能なように、シグナルツールの通りにエントリーして勝てても、それは一時的なものです。

 

使えば勝てそうと考えてしまう方は、まずシグナルツールを購入するという考えは捨てて、ローソク足のみを表示させ、最低限相場の方向性・状況を判断できるようにしたほうが良いです。

 

シグナルツールを購入するのは、それができるようになってからでも遅くはありません。

 

生涯にわたって使えるものではないと割りきって使える方

仮にドラゴンストラテジーFXの販売会社がなくなり、MT4の仕様が変わってしまえば最悪ドラゴンストラテジー自体使えなくなる可能性があります。

 

ロジックもブラックボックスなので同じよう再現することも難しいでしょう。独自ツールはそういったリスクもあることは忘れてはいません。

 

まとめ

今回の記事を見る限りドラゴンストラテジーを否定しているように見えるかもしれませんが、私がサイト内で一貫して言っているのはシグナルツールは所詮道具でしかなく、それ以上でもそれ以下でもないということです。(道具として品質が高い、低いはあると思います)

 

道具で勝てるようにはなりません。が、道具が勝つための切っ掛けになることはあると思っています。

 

ですが、そうなるにはツールに頼らなくてもプラマイ0程度の成績はだせるぐらいのトレーディングスキルがあってこそです。

 

それぐらいのスキルがなければ、道具としての善し悪しを判断することもままならず、「勝てれば良いもの」「勝てないなら悪いもの」という判断になってしまうはずです。

 

そういったこと踏まえると、シグナルツールを購入する層は、これからFX始めるような初級者の方ではなく、ある程度経験を積んでいて、あと一歩何かがあれば勝てそうな気がするといった方になるでしょう。

 

実際のところ、私が調べた限りドラゴンストラテジーFXを高評価としているレビューワー様で、ドラゴンストラテジーFXのみを使用してトレードしている方はいませんでした。

 

つまり、上手く使うにはドラゴンストラテジーFX+トレードスキルが必要になるということです。

 

シグナルツールを検討している方は、この辺りをよく考えて、それでも自分には必要と感じる方のみ購入すると良いかと思います。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー