パリス昼豚の5万円FX実践検証5~逆張りエントリーの巻~

この記事は約2分16秒で読めます

通貨ペア:ユーロドル
1戦1勝0敗
合計:+17.5pips

2013-07-29_22h48_44

 

昨日(29日)の実践記事になります。

 

パリス昼豚の基本エントリーは

  • 押し目からのロングエントリー
  • 戻りからのショートエントリー
  • レンジブレイクでのエントリー

になるので逆張りについては書かれていません。

 

ただ、パリス昼豚ではフィボナッチやレジサポラインを重要視しているので、レンジ相場での逆張りも特に問題なくできます。

 

ですので今回は一般的なレンジ相場での逆張りエントリーになります。

 

5分足チャート

3

赤丸のあたりで売りエントリーした位置になります。

 

ピンクのMAと青のMAの向きが下向きになり、直近の安値を下回ってきそうな付近ですね。

 

15分足チャート

7

15分足チャートを見るとレンジになっているが一目瞭然ですね。

 

赤丸がエントリーした付近なんですが、レジスタンスラインに跳ね返されているのがわかると思います

 

パリス昼豚の5万円FXは、15分足を見るということは書かれていませんが、最終的な目的は自分なりのトレードルールを作ることなので自分がやりやすいようにやっても問題はありません。

 

私の場合は複数の時間軸を確認しながらエントリーポイントを探していくので、パリス昼豚でも同じようなスタイルでトレードしています。

 

1時間足チャート

8

1時間足チャートにフィボナッチを引いてみると、0%ラインに跳ね返され、23.6%へ向かってもおかしくない流れになっています

 

ですので、エントリー条件として悪くない位置ということで、赤丸のあたりで売りエントリーとしました。

 

私がパリス昼豚を実践するときには、1時間足に引いたらフィボナッチを参考にすることが多いです。

 

エントリーその後

4

+17.5

 

その後は、設定した指値付近で決済されました。指値を設定した位置は、サポートの少し上になります。

 

まとめ

パリス昼豚の5万円FXは完全裁量なので、勝てるようになるまで時間がかかると思います。

 

具体的なエントリールールがないのも時間がかかる原因になっていますね。

 

その分、自分なりのトレードルールが出来てきたときには、トレードに対する迷いというのは、ほとんどなくなるでしょう。

 

トレードルールができるというのは、自分なりの期待値の高いエントリーポイントがわかっているとうことですからね。

 

ただ、ずっと言い続けていることですが、始めたばかりの方や、初心者のうちにパリス昼豚を購入するのはオススメしません。

 

はじめは具体的なルールがあったほうが迷わないので、恋スキャやディーリングFXなどのほうがいいでしょう。

 

パリス昼豚の5万円FXの評価

採点

再現性1点(普通)
購入後のアフターフォロー1点(普通)
応用のしやすさ5点(すごく良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ5点(すごく良い)

合計15点:A級商材

 

ランク説明

点数画像

 

パリス昼豚の5万円FXを購入する

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー