パリス昼豚実践検証3~押し目買いパターンの巻~

この記事は約4分56秒で読めます

通貨ペア:ユーロドル
1戦1勝0敗
合計:+20pips

2013-07-08_20h15_51

 

パリス昼豚の5万FXは手法ととして、押し目買い、戻り売り、レンジブレイク、V字、逆V字が紹介されています。

 

V字、逆V字は判断が難しいので、まずは押し目、戻り、レンジブレイクを狙ってみるといいかと思います。

 

今回のエントリーは押し目買いにはなります。

 

エントリー解説

1

赤丸付近で書いエントリーしました。

 

2

赤丸の部分だけ見るとエントリーした付近の値動きは、高値が切り下がり、安値も切り下がっているので買いで入るのは躊躇するかもしれません。

 

31

しかし抵抗線を引いてみるとレンジブレイク後、赤丸のところでレジスタンスラインが、サポートに切り替わって上昇しているポイントでもありました。

 

青のゾーンは朝からレンジを形成していたんですが、何度も上抜けをチャレンジするものの跳ね返されていました。

 

何度も跳ね返された末の上抜けだったので、上昇する勢いが強いということになります。

 

4

1時間足をみてもピンクのMAが若干ではありますが、上向きになってますし、青のMAとゴールデンクロスしそうなところです。

 

ただ、そうはいってもそこからもみ合うこと可能性はあるので、エントリーする前に3つパターンを考えることになります。

 

私は以下のように考えてみました。

 

1つめのパターン

5

エントリー後、高値を更新できずに、画像のようにもみ合う状況になれば、早めの損切りか薄利で決済

 

その後に上抜けしたなら、レジスタンスがサポートに変わるのを待って再度、買いエントリー。

 

2つ目のパターン

6

高値を更新できず、画像のように一気に下がったなら赤丸付近で損切り

 

3つ目のパターン

7

高値を終値で更新してきたら損切りラインを赤丸の位置から矢印が指す位置へと変更

 

このように考えていました。

 

その後は3つ目のパターンになりました

8

考えていた通り、高値を更新してきたパターンになったので、損切りの位置を変更しました。

 

私の場合は、エントリータイミングが少し早いのでその分、損切りを早めに考えています。

 

次なる3つのパターン

9

超えた後の次の注目ポイントとしては、画像の赤丸のラインです。ここもレジスタンスラインになります。

 

10

赤丸付近の高値で引けるラインですね。

 

ちなみにこのラインは過去に何度かレジスタンスとして機能しているっぽいところでした。

 

ここでも3つのパターンを考えていました。

 

1つ目のパターン

11

まずは画像のようにもみ合って下に抜けるパターンですね。

 

この場合は、赤丸のあたりで損切り、もしくは薄利で決済することを考えていました。

 

その下に前回の安値があるので、そこまで粘るパターンも考えられます。

 

ただ私は利益を伸ばすより、いかに一回の損失を低くするかを考えているので、状況により粘ることはありますが、基本的に早め早めに損切りをしていきます。

 

2つ目のパターン

12

上抜けした場合は、また損切りラインを矢印のポイントまで移動させようと考えていました

 

ただし5分足の場合は、わりと上下に振れるので、しっかりレジサポラインの強さなどを考えて逆指値を設定しないと、すぐ損切りになってしまうので注意が必要です。

 

3つ目のパターン

2013-07-08_18h06_24

しばらく揉みあうパターンですね。

 

この場合は、動きがでるまで待というと考えていました

 

その後は2つ目のパターンになりました

13

上抜けしたので損切りの位置を変更しました。この時点で負けはないので、精神的には楽になりますね。

 

ただ、ここではもう後2~3本足を見て、ラインをローソク足の実体が超えてからのほうが安心はできます。

 

目安となる決済ポイントがないときはどうするのか?

14

当たり前ですが、エントリーしたら、どこで利益を確定させるかも考えなくてなりません。

 

今回のエントリーの場合、先ほどのレジスタンスラインを超えると、しばらく目安となる決済ポイントがありませんでした。

 

次のラインまで赤マルの分、空いていますよね。

 

ですので、パリス昼豚でこんなときに推奨されている、フィボナッチを使い、目安となるポイントを探しました。

 

15

この画像はすでに指値にかかった後の画像です。

緑の横線がフィボナッチになります。

 

2つ上の画像で超えてきたレジスタンスは、この画像の赤マル付近になるんですが、すぐ上に38.2%があったのでそこを目安にしました

 

パリス昼豚は1日の目標として20pipsの獲得を目指すんですが(必ずではありません)、38.2%まで20pipsほどだったので、ちょうど良いポイントになったということです。

 

16

その後は、赤丸のあたりで設定しておいた指値にかかり決済となりました。

 

午前0時付近の動き

17

いまこの記事を書いている時点で午前0時頃になりますが、1時間足のチャートは画像のようになっています。

 

ピンクと青のMAも上向きになってますし、上昇トレンドに見えますね。

 

18

ただ、1時間より上の時間軸でみると、まだ下降トレンド中の一旦の戻りにも見えます。

 

私のチャート分析の正しさは置いといて、自分なりにこういうことを考えるだけでも安易に買い目線でチャートをみたりしなくなります。

 

なので毎日チャートを見て今どういう状況なのかを考えるクセをつけてみることをオススメします。

 

まとめ

パリス昼豚で紹介されているトレードルールとは違っていますが、とくに問題はないかなと考えています。

 

というのもパリス昼豚は参考としてパリスさんのトレードルールを紹介しているだけで、最終的には自分なりのスタイルを作っていくことを推奨しているからです。

 

そのため明確なエントリールールというものがないので、FX未初心者の方にはハードルが高いと考えています。

 

その分、考えながらトレードをしなくてはならず、結果としてスキルが身につきやすいとも言えるため、ある程度FXの経験はあるけど安定した成績はだせていないという方には価値ある商材だと考えています。

 

商材の価値というのは自身の状況で変わってくるものなので、まずは自分が今現在どういったトレードをしていて、今後どうなっていきたいのかを熟考し、なにを選ぶか検討してみてください。

 

パリス昼豚の5万円FXの評価

採点

再現性1点(普通)
購入後のアフターフォロー1点(普通)
応用のしやすさ5点(すごく良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ5点(すごく良い)

合計15点:A級商材

 

ランク説明

点数画像
 

パリス昼豚の5万円FXを購入する

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー