マエストロFX検証46~エントリーするだけの「価値があるトレード」と「価値が無いトレード」の巻~

この記事は約1分0秒で読めます

いまエントリーするだけの価値が無いトレードを見送り、エントリーする価値があるトレードとして売りでエントリーしたので、その解説をしてみます。

 

2016-02-16_23h40_58

上記画像の状況は買いができそうな条件は揃っていますが、買う価値がないため見送ったトレードです。

 

30分足を見てみると、113.600で下値を抑えられて上昇し、下降トレンドラインを上抜けていたので、買って良さそうな状況でした。

 

ですが、仮にここで買ったとすると、損切りは113.600よりも下になり、利食いの第一目標は114.000になるため、そうすると損切り幅に対して、利益幅が小さく取るだけの価値がないトレードとなっていたため、ここでの買いは見送ったというとですね。

 

2016-02-16_23h48_50

こちらの状況は、買いは見送ろうと思ってチャートを見ていたら一気に上げてきて、すぐに下げてきたため売ったところです。

 

この場合、損切り20pipsほどに対して、利食いは30~60pipsを目標にできそうだったので、トレードする価値ありと見て売りエントリーをしました。

 

ただ利食い目標は30~60pipsにはなりますが、もう寝る時間なので、もう少し様子を見て、薄利か早めの損切りで決済となりそうです。

 

結果は、また明日(日付が変わってるので今日ですね)書きたいと思います。

 

それではまた次回です。

 

マエストロFXを購入(白山特典付き)

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー