マナブ式FX完全マスタープログラムの販売ページは突っ込みどころ満載

この記事は約2分57秒で読めます

まずは販売ページの感想を

マナブ式FXマスタープログラムで勝てるのかということについては、これから実践して検証するとして、今回はマナブ式FXの販売ページを読んでみた感想になります。

 

秘密の●●●システム

やはり商材の肝といえる部分に関しては、情報商材にありがちな伏字で隠されているようですね。

 

以下の画像は購入者の声と掲載されていたものです。

 

sozai

sozai3

sozi2

その後、読み進めていくと

マナブさんがマナブ式FX完全マスタープログラムを作った経緯話にはいっていくのですが、、、

 

sozi4

 

伏字にしてあるところを普通に言ってました。

 

思わずパソコン画面に向かって「言うんかい!」って一人で突っ込んでしまいましたね。

 

不可思議な限定特典

そして特別限定特典として毎日先着25名限定のこの特典。

 

特典はいいとして「毎日」25名限定というくくりは、どういうことなんだろうと色々と想像を掻き立てられます。

 

そもそも購入する側は今日はそろそろ25名に達しそうだと知るすべがありません。

 

私が確認した限り、25名に達したので今日は特典の配布は終了しますというアナウンスがあったこともないです。

 

よくある限定性や緊急性を煽って買わせるマーケティングテクニックの一つなんでしょう。

 

私としてはそういったテクニックはあって当たり前という考えなので特に問題視はしていないんですが、無理矢理すぎだろうと思わず突っ込みたくなったということです。

 

モニター参加者のミステリー

モニター参加者の感想が掲載されていますが、今週なんとかプラスで終えることができたモニターさんしか売買履歴を画像としてとっていないという謎が起きています。

 

その方は、はじめの1週間で19130円、次の1週間で31120円の利益となっているのですが、モニター参加者の8割が1日2万~5万稼げるようになったとあるので、残念ながらこの方は稼げなかった残りの2割に入ってしまいます。

 

私だったら1日2万~5万稼げるようになった8割のモニターさんの売買履歴を提供していただき掲載します。

 

どう考えてもそのほうが使用度はあがりますので、それをしない理由は言わずもがなといったところでしょうか。

 

情報商材業界の光と影

今回はマナブ式FX販売ページを突っ込んでみましたが、正直インフォビジネス業界(情報を形にして販売する業界)では、こんなことは珍しいことではありません。

 

インフォ業界の方はインターネットだとシビアになるけど、普通のオフラインビジネスだってよく見れば同じようなことをしている。ということをいいます。

 

もっともな意見です。私も同感です。

 

ですが、オフラインビジネスの方は「もっと上手くやっている」ので、あまり問題になりません。(バレたときには全国的な大問題になることが多いですが)

 

なのでインフォ業界もあまり派手な売り方はしないほうがいいとは思うんですが、そうしないと売れないという現状もあったりするんでしょう。

 

うそ臭い派手な販売ページになるのは、アフィリエイターのレベルの低さが原因ということも考えられますね。

 

極論いってしまえば、アフィリエイターのレベルが高ければ、商品の販売ページは白地に商品の特徴と内容を書いて置くだけでいいんです。

 

ですので今後アフィリエイターのレベルが上がれば、健全な販売ページが増えてくるかもしれませんね。

 

まとめ

  • マナブ式FXは見えそうで見えないどころか見えていた
  • モニター参加者の成績が不透明

 

マナブ式FX完全マスタープログラムの販売ページを突っ込んでいるうちに話しがズレてしまいましたが、マナブ式FXはFX商材の中ではまともな商材に入ります。

 

内容の評価はまた別でするので、しばらくお待ち下さい。

 

マナブ式FXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ1点(普通)

合計13点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー