マナブ式FX完全マスタープログラム実践検証1~マナブ式は甘くないの巻~

この記事は約4分6秒で読めます

 

通貨ペア:ユーロドル

1戦1勝0敗
合計:+8.5pips

2013-05-08_20h36_26

 

 

マナブ式FXで使われているTHVシステムは無料で手に入るので

どこまで書いていいものか迷いますが、

問題にならない範囲で検証レビューをしたいと思います。

 

 

マナブ式FXではエントリーまでにいくつか条件があるんですが、

今回はその条件を「ある程度」満たしたのでエントリーしました。

 

 

条件をざっくり説明すると、15分足、5分足、

1分足のファストトリック、一目の雲、平均足、をチェックして

それぞれで条件を満たせばエントリーということになります。

 

 

いま書いてて思いましたが、

マナブ式FXはネタバレしないで実践記事を書くのが難しいですね。。

今後どうするか考えておきます。

 

 

とりあえず今回のエントリーについてですが

 

まず5分足を見たところファストトリックが条件に当てはまりそうでした。

当てはまりそうだけど、当てはまってはいない状態です。

 

 

そこで15分足をチェックしたところ、

こちらはファストトリックが条件に当てはまってました。

 

 

次に1分足を見たら、こちらは5分足と同じく、

条件に当てはまりそうな状態でした。

 

 

なので、1分足、5分足でファストトリックの

条件が当てはまるのを待ちエントリーしました。

 

 

(5分足)

 2

 

 

すぐ下に黄色い点線のミドルサポートラインがありましたが、

反発することもなく、そのまま赤丸のところで指値決済されました。

 

5

 

 

損切り幅が深くなっていますが、

これはTHVシステムのSLインディケーターに従った形です。

 

 

SLインディケータというのは

THVシステムの左下にでているこの画像のやつですね。

 

 

(エントリー時の画像ではありません)

 2013-05-08_23h30_13

 

 

一番下の「3x ATR(20)SL:18」というのは、

損切り目安は18pipsですということになります。

 

 

エントリー時には17と表示されていたんですが、

マナブ式FXの決済の一つとして、表示されている損切りの半分を利確にする

というのがあったので、それを参考にして8.5pipsを利確としました。

 

 

ルールとしてそうしてくださいと決まっているわけではありません。

 

 

まとめ

 

率直な感想としては、

マナブ式FXも勝つのは簡単ではないですね。

 

 

条件に当てはまればエントリーといっても

再現しやすいということではありません。

 

 

というのも、すべての条件を満たすのは難しいので、

チェック項目に優先順位をつけて

独自のエントリー条件を作っていく必要があるかと思います

 

 

今回の記事で、エントリー条件を「ある程度」満たしたと、

「」閉じしたのはそういう理由からになります。

 

 

見た目が派手なので、これを使えば

勝てそうな気がするかもしれませんが、

やはり裁量判断は必要になってきますし、

使いこなすためには時間がかかりますね。

 

 

ただトレードのヒントとして使えるような気はしているので、

しばらく表示させておき検証を続けてみます。

 

 

マナブ式FXの評価

採点

再現性 3点(良い)
購入後のアフターフォロー 3点(良い)
応用のしやすさ 3点(良い)
価格と内容のバランス 3点(良い)
売り込みの激しさ 1点(普通)

合計13点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー