チャート分析はMT4、取り引き注文は別のFX業者という使い方もあります

この記事は約58秒で読めます

MT4をチャート分析のみに使い、取引注文は別業者でする方も多いです。むしろそちらのほうが多いかもしれません。(私はMT4に慣れてしまっているので売買取引もMT4でしています)

 

なぜこういった使い方をする方が多いかというと、

  • スプレッドを低くするため
  • 国内の業者のほうが安心できる
  • 好みの問題

などが主だった理由かと思います。

 

スプレッドを低くするため

MT4での取り引きは国内のFX業者を使った場合に比べると、どうしてもスプレッドが広くなります。

 

それが嫌でMT4は分析のみに使い、売買は国内業者でする方が多くなるのかもしれません。

 

国内業者のほうが安心できる

正直、国内の業者だから安心ということはないのですが、信託保全されていたり、分からないことがあった場合にすぐに業者に質問ができるという環境は安心できるのではないでしょうか。

 

また入出金システムも海外の業者に比べると、国内のほうが簡単なので、そういった理由もあるかもしれません。

 

好みの問題

なんだかんだ言いましたが、おそらくこれが全てだと思います。

 

ちなみにここで書いた理由は、あくまでも私がそう思っているだけなので、実際は違うかもしれません。

 

なので、ただ単にこういった使い方もできるという参考として見て頂ければと思います。

 

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー