デモトレードを始めるための準備をしよう

この記事は約4分18秒で読めます

 

デモトレードは国内のFX業者でもありますが、ここではMT4を使ったデモトレードの方法を解説していきます。

FX業者:FX取引を提供している会社
MT4(MetaTrader4):メタクオーツ社が開発したFX取引ツール

 

なぜMT4かというと、世界中のトレーダーが愛用しており、トレードで使用するさまざまなものが無料で使えるからです。

 

また国内のFX業者は会社ごとに独自のチャートを提供しているため、FX業者を変えるたびに操作方法が違い戸惑うことがあります。

 

しかしMT4はどの会社もほぼ同じものを提供しているため、FX業者を変えても操作方法で迷うことがありません。

 

他にもMT4を使うことでのメリットはありますが、とりあえず今はMT4を使うと便利というぐらいの認識でも問題ありません。

 

では実際にMT4をダウンロードして設定していきます。

 

流れに沿って進めていけば設定できるかと思いますが、もし何かわからないことがあればお問い合せよりご質問下さい。

 

お問い合わせ・ご質問はこちらから

 

1.MT4をダウンロードする

MT4を提供している会社は復数あるのですが、まずデモトレードで練習するだけなので、ここではFXDD(FX業者名)からダウンロードしてみましょう。

 

URLをクリックするとMetaTrader 4 Desktopというリンクがあるのでクリックしてダウンロードしてください。

 

http://www.fxdd.com/mt/jp/software/downloads/?platform=mt4basic

 

2.MT4をインストールする

インストールファイルをダブルクリック。

 

実行をクリック。

 

「はい、上記の全てのライセンス条項に同意します」にチェックを入れて次へをクリック。

 

完了をクリックするとMT4が起動(開いたサイトは閉じてかまいません)。

 

3.MT4でデモアカウントを開設する(無料)

「FXDDMalta-MT4 Demo Server」を選択して次へ。

 

「新しいデモアカウント」を選択して次へ。

 

お客様情報をご入力に入力する(日本語で入力して問題ありません)

 

口座タイプ:日本円でわかりやすいよう「FXDD-EU-JPY」を選択

レバレッジ:日本の規制に合わせて「1:25」を選択

証拠金:いくらでもいいのですが、ここでは500000を選択

貴社からのニュースレター受け取りにチェック

次へをクリック

レバレッジ:少ない資金で大きな取引をできるようにする仕組み。日本国内では最大25倍に制限されています。

 

念のためにログインID、パスワードをメモしておきましょう。パートナーは特に必要ないので覚えなくても大丈夫です。

 

控えたら完了を押して下さい。

 

MT4でチャートを設定しよう

下部メニュー(以降ターミナルと表記)で「アラーム設定」が選択されていれば、一番左の「取引」をクリックし、開いている4枚のチャートは閉じてください。

 

画像のボタンをクリックし「USDJPY」を選択

USDJPY(ドル/円):取引をおこなう通貨ペアの名称

 

追加されたチャートの右上に最大化ボタンがあるのでクリック

上部メニューからCandleSticksをクリック

見やすいように+ボタンを3回クリック

AutoShiftをクリック

ChartShiftをクリック

CandleSticks(ローソク足チャートのこと):値動きをローソク足のような形で表しているチャート
AutoShift:時間経過とともにチャートが推移していくようにする機能
ChartShift:チャートの右側にスペースを空ける機能

 

上記画像のようなチャートが表示されているかと思いますので、ひとまずこの設定でトレードをする流れを解説していきます。

 

補足1 ローソク足の簡単な解説

ローソク足は陰線と陽線があるのですが、陰線は一定期間内に下降傾向にあったことを示しており、陽線は一定期間内に上昇傾向になったことを示しています。

 

画像のチャートだと黒いローソク足が陽線で、白いローソク足が陰線となります。

 

もともとは陰線は黒塗りで陽線は白塗りで表すようですが、今は特にそういった決まりはないと思うので見やすいよう自分の好きな色に変更している方が多いです。

 

ローソク足はどうやって作られるのか?

ローソク足1本には「始値」「終値」「安値」「高値」の4つの情報が含まれています。

 

 

「始値」よりも上で「終値」が確定したら陽線になり、「始値」よりも下で「終値」が確定すれば陰線となります。

 

ローソク足の見方は多岐にわたるのでここで詳しく解説はしませんが、ローソク足の基本的な性質として実体が長い足は相場に勢いがあったことを表し、実体が短い足は相場に勢いがなかったことを表しています。

 

補足2 チャートの時間軸について

表示されているチャートを見るとH1というところにチェックが入っていますが、これは1時間足といってローソク足1本が1時間の値動きを表しているチャートになります。

 

MN(月足):ローソク足1本が1ヶ月の値動きを表している
W1(週足):ローソク足1本が1週間の値動きを表している
D1(日足):ローソク足1本が1日の値動きを表している
H4(4時間足):ローソク足1本が4時間の値動きを表している
H1(1時間足):ローソク足1本が1時間の値動きを表している
M30 (30分足):ローソク足1本が30分の値動きを表している
M15(15分足):ローソク足1本が15分の値動きを表している
M5(5分足):ローソク足1本が5分の値動きを表している
M1(1分足):ローソク足1本が1分の値動きを表している

 

各時間軸の力関係は、

月足>週足>日足>4時間足>1時間足>30分足>15足>5分足>1分足

となります。

 

力関係というのは、5分足で上昇していたとしても、1時間足で下降しているなら、どこかで5分足の上昇が止まり下げていく可能性が高いということです。

 

必ずそうなるということではないので5分足の上昇が止まらずに1時間足の下降を飲み込んでいくこともあります。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー