「動画あり」7月3日(金)ポンド円のトレード解説~エントリーするかしないか迷うときはこうする!の巻~

この記事は約3分35秒で読めます

 

3日(金)は米国が祝日の振替で休場ということで、あまり動かないかなと思っていたのですが、売りエントリー条件がでていたためエントリーしました。

 

今回の売りエントリー条件は、「スキャルマスターパターン集」8ページ目のパターンになるので、持っている方はそちらも参考にしてみて下さい。

 

ただエントリー条件には当てはまっていても、テクニカル的にはまだ売りは早いかな?という少し判断に迷うポイントでもありました。

 

ポンド円1時間足チャート

2015-07-03_19h09_27

見ての通りですが、レジスタンスとサポートを上下に推移しているレンジ相場です。

 

(クリック拡大)

2015-07-03_19h09_55

普通に考えれば、ここはレジスタンスまでを狙って買いでエントリーしても良さそうなポイントです。

 

「ルール上は売り」「テクニカルは買い」・・・迷います。

 

こういった状況はトレードをしていれば誰にでもあると思いますが、こんなとき私はロット数を下げてエントリーをします。

 

例えば、「普段1回のトレードでとるリスク率を3%にしているなら、半分、もしくは3分の1ほどに下げてエントリーをする」ということです。

 

その分、利益は減りますが、判断に迷うときはこういった方法をとっています。

 

あくまでも判断に迷うときであって、相場状況がわからないときにギャンブルトレードをするということではありません。

 

今回は感覚的に6:4ぐらいで下げてきてもおかしくないという根拠はありました。

 

売りエントリーをした根拠

1、売りエントリー条件に当てはまっている

2、4時間足で+1σに押さえられて下げている

3、ピンバーが出現している

 

ザックリとした根拠はこのようなものです。

 

1の売りエントリー条件は、検証の結果トータルでプラスになることがわかっているので、これだけでもトレードをする根拠にはなります。

 

ですが、そういはいっても直近の値動きや勢いなどによっては、エントリーを見送ったほうが良さそうなときはあるので、その他のポイントも含めて最終的な決断を下しています。

 

私のスタイルとしてはシステムトレード+裁量になりますが、1がシステムトレードの部分になり、2と3が裁量判断(エントリーするか最終的な判断)という感覚です。

 

あと、今回のトレードでは、30分足のMAで下値が支えられ上昇しているところだったので、本来はそのMAを下抜けてから売りエントリーをしたほうが良いという状況でした。

 

30分足チャート

(クリック拡大)

2015-07-05_17h58_54

 

ただ、そうすると利益目標と損切り目安の比率が悪くなるので、「少し早めにエントリー」をしたのですが、これも裁量判断の一つになるかと思います。

 

(クリック拡大)

2015-07-05_17h58_54f

 

(クリック拡大)

2015-07-05_17h58_5d4

 

ちなみに私は、少し前まで「日足」「4時間足」「30分足」「5分足」を見ていたのですが(マエストロFXの影響)、今は週足から1分足まで見ているので、見ているポイントは多いかもしれません。

 

他にも、すぐ下に192.00が控えていたのですが、「ここが抵抗として効いてるな」ということも考えていたと思います。

 

なので、エントリー前に10分~50分ほどはチャートを見ています。

 

たまにチャートを開いてすぐ入るときもありますが、その時は負けます。

 

エントリーから決済までの動画

 

20倍速なので2分程度の動画になっていますが、実際には2時間ほどポジションを保有しています。

 

簡単にこの2時間のできごとを説明すると、途中で少し眠くなり、サポート付近に指値を入れて仮眠をしました。

 

起きても決済されていなかったため、そのまま見ていたのですが、192.00で下値が重くなったとき成り行き決済しようとします。

 

しかし、192.00を抜けてきたため成り行き決済は止めて、またチャートを見ていました。

 

この時点では仮眠のために設定した指値をそのままにしていたのですが、サポートに近づいたあたりで指値を解除しています。

 

解除した理由は「なんとなくサポートを抜けてきそう」という気配を感じたからになります。

 

このなんとなくを説明するのは難しいのですが、強いて言うならサポートに向かう動きがこれまでと少し違って見えたからです。

 

この辺りの行動は動画をよく見て頂けるとわかるかと思います。

 

ただ、抜けそうと思っても、抜けないことはあるので、そんなときは無理せず決済します。

 

その後、サポートを抜けてきたので、ここから売りが加速してもおかしくはないと思ったのですが、諸事情で家を離れる用事があったため決済しました。

 

+41.6pips

 

ちなみに決済後に80pips以上さげたので、少しやりきれない気持ちにはなりましたが、こればっかりは仕方がないですね。

 

週明け次第ですが、190.00あたりまで下げてはおかしくないので(止まりそうな目立ったポイントがないため)、売れそうだったら売ろうと思います。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー