「動画あり」7月15日(水)ポンド円のトレード解説~繰り返しエントリーするの巻~

この記事は約2分10秒で読めます

1回目のエントリー解説

通貨ペア:GPB/JPY
エントリー方向:買い
獲得pips:+19.9pips
ポジション保有時間:約2時間

 


 

■1時間足チャート(クリック拡大)

1回目1時間

1時間足で+1σに下値が支えられていることを根拠に買いエントリーしています。

 


 

■5分足チャート(クリック拡大)

1回目5分

その後、少し上昇したところで上値が重くなり、5分足で下値が支えられていた+1σを抜けてきたため早めの決済となりました。

 

決済した理由として、他にも30分足、1時間足のボリバンが閉じてきていたということもあります。

 


 

■5分足チャート(クリック拡大)

1回目5分2

下値が支えられていた+1σを抜けてきたところで、画像のライン辺りまでは下げてくる可能性があると見ていました。

 

ただ、もう少し上げてきそうな気はしていたので、高値を超えてくるようならエントリーしようと考えていました。

 

2回目のエントリー解説

通貨ペア:GPB/JPY
エントリー方向:買い
獲得pips:+20.1pips
ポジション保有時間:約1時間

 


 

■5分足チャート(クリック拡大)

2回目5分足

エントリー1回目の決済後に考えていたような展開になったため買いエントリーしました。

 

少し早めのエントリーですが1分足などを見て、瞬間的な勢いを感じたためラインを超えてきそうだと考えエントリーしています。

 

ただエントリー後に少し揉み合ったので、やはりラインを抜けたのを確認後にエントリーしたほうがリスクは低いですね。

 


 

■5分足チャート(クリック拡大)

2回目5分2

少しもみ合った後は、一気に上昇していきましたが、レジスタンス付近で下げてきたため大事をとって決済しました。

 


 

■4時間足チャート(クリック拡大)

2回目4時間

ここでのレジスタンスラインは4時間足に引いたものです。

 

3回目のエントリー解説

通貨ペア:GPB/JPY
エントリー方向:買い
獲得pips:+0.8pips
ポジション保有時間:約10分

 


 

■15分足チャート(クリック拡大)

3回目15分足

15分の+1σで下値が支えられ上昇している過去があり、再び+1σから上げてきたので買いエントリーしました。

 


 

■5分足チャート(クリック拡大)

3回目5分

イメージとしてはこのような動きをイメージしてのエントリーです。

 

ただし、自信はそれほどないためロット数は半分にしています。

 


 

■5分足チャート(クリック拡大)

3回目5分2

その後は、思ったような動きにならず、長いヒゲも出現し方向性がなくなってきたため決済しました。

 


 

今夜は重要指標発表が多いのでトレードをする方は注意が必要そうですね。

 

それではまた次回です。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー