「動画あり」7月8日(水)NZD/USDのトレード解説

この記事は約1分50秒で読めます

1回目のエントリー解説

通貨ペア:NZD/USD
エントリー方向:売り
獲得pips:+2.2pips
ポジション保有時間:約2時間

 

1時間足チャートでレジスタンス付近から下げて、そのままMAを抜けていたのを確認して売りエントリーしました。

 

1時間足チャート(クリック拡大)

2015-07-08_01h51_36

 

5分足チャート(クリック拡大)

2015-07-08_01h52_07

 

ただ、エントリーした時間帯が午前2時頃と、相場が落ち着き始める時間だったことも関係してか、あまり下げずにもみ合ったため決済しました。

 

5分足チャート(クリック拡大)

2015-07-08_03h43_07

 

決済位置は一番右のローソク足になります。

 

2回目のエントリー解説

通貨ペア:NZD/USD
エントリー方向:売り
獲得pips:+27.4pips
ポジション保有時間:約5時間

 

2015-07-10_14h52_03
(7月7日となっていますが、6時間の時差があるためです)

 

動画を撮っていたのですが、収録時間が長くなってしまったせいか保存の段階でPCがフリーズしてしまい消えてしまいました。

 

画像は保存していたので、画像のみでの説明なります。

 

4時間足チャート(クリック拡大)

4時間足

MA付近から長い上髭をつけての下落。実体レベルでは-1σで上値が抑えられいる。

 

1時間足チャート(クリック拡大)

1時間足

長い上髭をつけて下降している。

 

30分足チャート(クリック拡大)

30分

エンガルフィングキャンドルの出現している。

 

5分足チャート(クリック拡大)

5分足

ダブル・トップになるかもしれない。(ネックラインを抜ける前にエントリーしているのはリスクリワードを考慮しています)

 

全体図(クリック拡大)

全体図

全体的にまだ下落が続いている状態。

 

などを根拠に売りエントリーをしています。

 

下落に勢いがあったため一気に下げてくるかなと思ったのですが、結果的には5時間ほど保有することになりました。

 

5分足チャート(クリック拡大)

決済

 

サポートゾーンで決済しましたが、その後一気にあげていったようです。

 

やはりチャートポイントは注意すべきポイントになりますね。

 

結果だけ見れば、トリプルトップになっており、利食いの幅もセオリー通りでしたが、リアルタイムだとパターンを認識するのも難しいものです。

 

これからも勉強の日々ですね。

 

それではまた次回です。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー