スパンモデルFXプレミアムを検証し評価しました。購入検討中の方はご覧ください。

この記事は約5分54秒で読めます

最強スパンモデルFXプレミアムの特徴

スパンモデルFXは、「マーフィーのFX投資術」という名前に変わったようです。内容は、ほぼ変わっていません。

  • 8つのチェックポイントを確認してエントリー
  • ボリンジャーバンドと一目均衡表を使ったロジック
  • トレンド発生を確認してからのトレンドフォロー
  • 初心者でも簡単?な売買ルール
  • 著者が20年以上相場で生き残っている業界の著名人

 

著者は通称マーフィーさんこと柾木利彦さんになります。

 

外為オンラインが運営している外為LABという為替情報サイトでレポートを発行している1人になります。

 

外為LABを見てみる

※左から三番目の人です

 

FX情報商材の著者は、どこの誰かわからずトレーダーなのかも怪しいという人も多いですが、マーフィーさんはそういった人と違い、身元がしっかりしているので信頼性は高いです。

 

ただし、書籍を販売していてもテレビにでていても詐欺を働くような人はいるので、身元がしっかりしているから信用できるとはならないんですけどね。

 

ただマーフィーさんは20年以上のキャリアがありますし、いまも現役のトレーダーですので、力のあるトレーダーであることは間違いないでしょう(と思います)。

 

最強スパンモデルFXプレミアムも発売されてから5年ほど経っていますが、いまだに売れ続けています。

 

それだけ内容に満足できている方が多いという判断ができそうですね。

 

販売ページは、情報商材特有のギラギラしたデザインでもなければ、書かれていることも共感がもてる内容になっています。

 

これまで勝てていない人から見ると魅力的に見えそうです。

 

スパンモデルFXの販売ページを見てみる

 

どういったタイプの商材なのか?

商材のジャンルとして裁量になります。

 

王道といえば王道なんですが、スーパーボリンジャー、スパンモデルといったマーフィーさん独自のインディケーターを使うところがスパンモデルFXプレミアムの大きな特徴になりますね。

 

スーパーボリンジャー

2013-05-25_13h40_18

普通のボリンジャーバンドですが、ローソク足21本分後にずらしたらMAがついています。紫のラインがそうです。

 

スーパーボリンジャーバンドでみるポイントはバンドの収縮や広がり、センターラインの角度など基本的なところに加えて、遅行スパンの位置、ローソク足との距離などを見てトレンドの強さを判断していきます。

 

ただ、±1シグマを上回ったらエントリーという一つの基準があるんですが、±1シグマは戻ることも多いので、超えたからエントリーとするとダマシに合う可能性がかなり高くなります。

 

それを補うためのスパンモデルチャートになりますが、こちらもうまく使いこなすためには練習が必要です。

 

スパンモデル

2013-05-25_13h40_21

簡単にいえば一目均衡表をシンプルにし、相場状況を判断しやすくしたものです。青色のゾーンが上昇傾向を表していて、赤色のゾーンが下降傾向を表しています。

 

スパンモデルの使い方としては、青色のゾーンが発生していて、ゾーンの上にローソク足が位置していれば上昇する可能性がある。

 

赤色のゾーンが発生していて、ゾーンの下にローソク足が位置していれば下降する可能性がある。

 

赤色から青色に変われば、下降から上昇への転換の可能性青色から赤色に変われば、上昇から下降への転換の可能性

 

青色のゾーンがサポートゾーン、赤色のゾーンがレジスタンスゾーンになるわけですね。

 

強いトレンドが発生していれば同じ色のゾーンが続き、厚みも増してきますし、逆にレンジ相場であれば赤と青のゾーンが交互に現れてゾーンの厚さも薄くなります。

 

スーパーボリンジャーで相場の大きな流れを分析してスパンモデルで売買タイミングをとりエントリーするというのがスパンモデルFXの基本的な取引スタイルになります。

 

大きな流れというのは、上位足での上昇下降トレンドのことですね。

 

チャートを見て相場状況がどうなっているのか判断がつきやすくなるので、上手く使いこなせればトレードを強力にサポートするものにはなるでしょう。

 

販売ページから感じるほど簡単ではない

販売ページをみると8つのチェックポイントや、スパンモデルチャートの青色ラインが上になったら買いエントリーなどやることがいかにも簡単にみえます。

 

スパンモデルの使い方もシンプルなのですぐに稼げるようになるような気がするかもしません。

 

ですが、そう簡単ではないですね。

 

8つのチェックポイントは一判断基準にはなりますが、安定した成績をだすには思っている以上に見るべきポイントが多くなります

 

私の場合は普段がレジサポラインとトレンドライン、ボリンジャーバンドの形などを見てトレードしているので、それに加えて

 

各時間足の遅行スパンとローソク足の距離

ゾーンの確認、MAの角度

 

などを見ていたらエントリー、エグジットで混乱してしまい、スパンモデルFXで推奨されているエグジットに従うとそれまであった含み益がなくなり損切りということも多々ありました

 

ですのでスパンモデルFXも他の裁量商材と同じように、自分なりのルールを作っていく必要がありそうです。

 

スパンモデルFXは無料で見れる?

スパンモデルFXの手法については無料で見れるものが多いので、それを見れば十分かなという気がします。

 

まずマーフィーさんのFXに対する考え方は、こちらのブログを見るとわかります。

 

マーフィーさんのブログを見る

 

スパンモデルFXの手法は以下の3つをみれば、ほぼわかるはずです。

 

マーフィーさんの無料レポート

マーフィーさんのメールマガジン

スパンモデル日々の解説ブログ

 

後は、有料になりますが、こちらの書籍を合わせて読めば再現もできるでしょう。

 

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法 

 

購入する際は以下のサイトからだと、「スパンモデル・スーパーボリンジャーの最適な活用法紹介」というレポートが貰えるようです。

 

レポートの内容は見てないのでわかりません。

 

書籍を買うならここがオススメ?

 

最強スパンモデルFXプレミアムを購入する必要はある?

商材を購入する意味としては、必要な情報がまとめられているということに尽きると思います

 

上記で紹介したものを見ればある程度わかるものの、やはりすべてを見るのは大変ですし、参考にならない情報もあるので、時間を短縮する意味で購入を検討するのはありです。

 

一応、掲示板やスパンモデルシグナル配信など購入特典もありますが、こちらは1ヶ月無料で、その後は毎月10500円かってしまいます。

 

とはいえ掲示板では、

  • 本日の動画コーチング
  • 質疑応答コーナー
  • マーフィー流トレードの奥義
  • 今日のワンポイントコーチング

が見れますし、本日の動画コーチングでは、実際のチャートを見ながらマーフィーさんが解説をしてくれているので人によってはそれだけ払う価値は感じるでしょう。

 

ですが、実はこちらは商材を購入しなくても単独で購入できるようになっています。

 

マーフィーの実践トレードコーチング

 

なので、こちらの特典に関してはプラスとしての評価にならないというのが正直なところですね。

 

まとめ

けして悪いものではなく、むしろ価値ある商材といえます。

 

ただ無料で見れるコンテンツが多いので、ユーザー側としてはありがたいですが、これだと購入する意味というのはどうしても薄れてしまいます。

 

ですが、無駄な情報をそぎ落として、迷いなくスパンモデルを極めたいということでしたら先にもいいましたが検討してもいい商材になります。

 

時間があまりとれないサラリーマンの方などは、無料の情報をアレコレみて自分で考えながらやるより商材を購入して実践経験を積むのが早いとはいえますね。

 

最強スパンモデルFXプレミアムの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス1点(普通)
売り込みの激しさ3点(良い)

合計15点:A級商材

 

ランク説明

点数画像

 

マーフィーのFX投資術を購入(白山特典付き)

 

お知らせ

maestro

全カテゴリー