適切なポジションサイジングが簡単にできるRC_TOOL_Shiroyama

この記事は約5分0秒で読めます

RC_TOOL_Shiroyama_ver.3の主な機能

  • 指定時間で自動決済(オン・オフの切り換えあり)
  • ロット数を自動で計算しチャート上に表示
  • リスクを一定にしたナンピンが可能
  • 損切りと利食い幅の数値を目視で確認
  • 押し目・戻りでロット数を計算し自動でエントリー

 

指定時間で自動決済(オン・オフの切り換えあり)について

これは例えば指標の 30 分前に自動で決済したい。値動きが少なくなる午前2時をもって自動で決済したい。といったときに指定しておくとその時間に自動で決済がされます。

 

時間は日本時間で指定するようになっているので、海外業者のMT4を使っている方でも時差を考える必要はありません。

 

ロット数を自動で計算しチャート上に表示について

総資金量に対し 1 回のトレードとるリスク率を予め設定することで、ロット数が自動で計算されチャートに表示されます。

 

この機能を使うことで破綻するリスクはほぼ避けられます。

 

リスクを一定にしたナンピンが可能について

私はナンピンを推奨しませんが、してもリスクが高くならないよう、ポジションの数によってロット数が分割されます。

 

例えば1ポジションでロット数が 1 だとすると、ポジションを 2 つにわけると0.5 ロットずつエントリーがされます。

 

NanpinLots に分割した分のロット数が表示されます。

 

損切りと利食い幅の数値を目視で確認について

設定した損切りまでの距離と利食いまでの距離が表示されます。

 

RC_TOOL_Shiroyama_ver.3の使用例

※あくまでも私が考えた使い方なのでこうじゃなきゃならないということはありません。

※基本的には成り行きエントリーでの使用を推奨します。

 

成り行きエントリーで使用する

成り行きでエントリーする場合は、MT4 の自動売買を押さなくても問題ありません。(ニコニコマークの口がへの字でもオッケーです)

 

使用するのは「SL」と「TL」のみになります。

仮に画像のように、直近安値の下に SL(損切りライン)を設定し、TL(利食い)をレジスタンス付近にしたとすると、自動で現在のレートから SL までの距離でロット数が計算されます。

 

あとは計算されたロット数で成り行きでエントリーします。これが一番シンプルな使い方です。

 

ただ、資金量が多く値動きが速いときなどはロット数の変化も早くなるため手動でロット数を入力するのに手間取るかもしれません。(個人的には慣れれば問題のない範囲かと思っています)

 

上昇トレンド中の押し目で自動エントリー(売りは逆で考えて下さい)

画像なような状況では押し目を作るポイントまで待って買いエントリーをしようと考えるかと思います。

 

仮に黄色のラインを押し目買いポイントとしてみましょう。

 

その場合、画像のように設定することで、EL ラインで自動エントリーされます。

 

指値買いと同じですが、自動で計算されたロット数でエントリーされるところが標準の指値買いとの違いになります。

 

ラインブレイク後押し目をつけたところで自動エントリー

ラインブレイク後、押し目を待ってからのエントリーをすることがあるかと思います。

 

こちらもトレンド発生時の押し目買いと同じように設定して頂くことで、計算されたロット数で自動でエントリーがされます。

 

ゾーン内での分割エントリー(ナンピン)

押し目を待つとき、どこまで下げるのかというのは誰にもわかりません。

そこで、水色の枠内をゾーンと考え、そのゾーン内にいくつかエントリーポイントを設定しておきます。

 

「EL」が1つ目のエントリーで、「NL0」が 2 つ目のポジションになります。

 

現在のレートから EL まで下がった時点で買いエントリーがされ、そこからさらに NL0 まで下がったところで2つ目の買いエントリーがされるということです。

 

仮に EL ラインだけ設定した場合にロット数が1だとすると、NL0 を設定した段階でロット数が分割されるため、EL で 0.5 ロット、NL で 0.5 ロットとなります。

 

このように設定すると、ロット数が 3 つに分割されるので、約 0.3 ロットでエントリーされるようになります。

 

そのためナンピンはしますが、リスクが高くなることはありません。4つ5つとナンピンの数を増やしても同じように分割されます。

 

エントリー条件でリスク率を分ける

エントリー条件によってポジションサイズを増やしたり減らしたりしたい場合があるかと思うので、予めリスク率別に保存しておくと便利です。

 

MagicNumberを変えれば、他のチャートに同時に設定できるので、リスク率の違うRC_TOOL_Shiroyamaを予め設定しておいても良いでしょう。

 

RC_TOOL_Shiroyama_ver.3とトレード日記を併用してトレード成績を即効で改善する方法

トレーディングは結局のところ、いかに破産をせずに長く続けれるかというゲームにすぎません。

 

→破産確率についてはこちらをご覧ください

 

そして破産する確率を減らすには「勝率」「損益率」「1トレードに対するリスク率」のどれか、もしくは全てを改善する必要があります。

 

例えば

  • 勝率50%
  • 損益率1.5
  • 1トレードに対するリスク率30%

という成績なら破産確率は33.4%になるのですが、この状況から勝率を60%に上げたとすると、破産確率は10.8%に改善します。

 

しかし、勝率をあげるには、どのようなときに負けているのかを分析し、どうすればそのトレードをしなくて済むのか考えなくはならないので破産確率がすぐ改善することはありません。

 

損益率も、平均利益と平均損失の割合で決まるので、すぐに破産確率が下がるとは限りません。

 

ですが、1トレードに対するリスク率はRC-Shiroyamaを使うことで次のトレードからすぐに改善できます。

 

例えば、1トレードに対するリスク率30%をRC-Shiroyamaのパラメーター設定で20%にすると破産確率は33.4%から19.3%に改善することができます。

 

リスク率を10%に設定したなら破産確率は3.7%にまで改善するのです。

 

このように、トレード日記でどの程度のリスク率をとっているのか把握し、RC_TOOL_Shiroyamaでリスク率を下げることで、すぐに成績を改善させることができます。

 

もちろんリスク率を下げると、その分利益額も下がることになります。

 

しかし、はじめに言ったようにトレードはいかに長く続けられるかのゲームです。

 

それを考えると、

「破産する確率が高い状態で大きな利益を得る」

「破産する確率が少ない状態で長く無理のない利益を上げ続ける」

この二つでは、どちらが良いかは明白です。

 

RC_TOOL_Shiroyamaと、トレード日記を使って頂くと、こういったことができるので、長くトレードを続けていきたいという方は是非上手く使っていただければと思います。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー