「白山チャレンジ」6月4週目の成績

この記事は約2分4秒で読めます

このチャレンジは30万円を運用資金としてリアルトレードをし、現実的にどの程度の収益になるのか参考として行っているものです。

 

→なぜ30万なのか?

→1週目の成績はこちら

→2週目の成績はこちら

→3週目の成績はこちら

6月22日(月曜)

1回目:NZD/USD、ロット数0.1、ショート -10.8pips(-1403円)

合計:1戦0勝1敗 -10.8pips(-1403円)

6月23日(火曜)

なし

6月24日(水曜)

なし

6月25日(木曜)

なし

6月26日(金曜)

なし

1週間合計

合計:1戦0勝1敗 -10.8pips(-1403円)

 

2015-06-28_19h22_43

 

先週はポンドが上げていたので押し目を買っていましたが、今週に入って一旦下げてくる、もしくはもみ合う可能性がでてきていました。

 

日足チャート

2015-06-27_09h30_24

上の画像は昨日撮ったものなのですが、22日時点でレートは青丸()の始値付近にいました。

 

なので画像での説明はそれ以降のローソク足は見えていない状況での考えになります。

 

画像の説明通りですが、22日は+2σを下抜けて始まっていたので、もしかしたらここから下げるか、もみ合うかもしれないと見ていました。

 

4時間足チャート

2015-06-27_11h15_15

22日時点でレートは赤丸()の始値付近にいました。

 

4時間足チャートを見ても、22日に入りしばらく下値が支えられていた+1σを下抜けていましたし、その他の情報も下げてもおかしくはない状況を示していました。

 

なので、今月はポンドはやめてニュージランドドルで売りで入ったのですが、入った直後からあまり良い感じがしなかったので早めに損切りをし終了しました。

 

結果的には、その後下げては来たので、保有していればプラスにはなっていましたが、今週の動きを見ると早めに損切りをしておいて良かったかなと思います。

 

1週間のトレード内容

2015-06-28_19h25_54

1回しかトレードしていないので、損益率などはありません。

 

今週はギリシャ問題が大詰めを迎えることもあり、相場も上下に振られていてやりにくかったのではないかと思います。

 

はじめは今週もトレードをしようと考えていたのですが、これまでに利益が充分にとれていたこと、ギリシャ問題、精神的プレッシャーが限界、ということもあったので月曜に負けた時点でやめておきました。

 

結果的にはやめておいて良かったと思います。

 

ほぼギリシャのデフォルトは決まったので、週明けの相場は荒れそうです。

 

個人的にユーロドルは1.0800付近までは下げてもおかしくはないと考えています。

 

ドル円はテクニカル的には上げてもおかしくないですが、ファンダメンタルズ的には下げておかしくない状況なので難しいですね。

 

ギリシャデフォルトの影響は限定的という意見もありますし、どうなるかはわかりませんが、いずれにしてもしばらくは様子をみていきたいと思います。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー