金次郎~Snake FX~実践1 損切りについての巻

この記事は約3分34秒で読めます

 

通貨ペア:ユーロドル

検証期間:4月4日~5月1日

合計:-64.90pips

2013-05-06_01h20_30

 

約1ヶ月でエントリー数は8回なので少ないですね。

1週間に1度もエントリーしないこともあります。

 

 

SnakeFXはマーケットの開始・終了時間をターゲットとしている

ということなのでエントリーが少ないことは予測できましたが

思っていた以上に少ないなというのが正直なところです。

 

 

期待値の高いエントリーポイントを絞っているのだろうとは思いますが、

今のところマイナスになっています。

 

 

運用をし始めたタイミングによっては

始めから右肩上がりに運用できることもありますが、

私のようにはじめにマイナスになってしまうこともあります。

 

 

EAの場合、どちらになるのかは運次第でしょう。

 

 

SnakeFXの損切りについて

 

トレード履歴を見てみると、

ポジションを保有していた期間が4時間前後になっていますよね。

 

2013-05-06_01h20_30

 

これを見る限りでは思惑通りに動かなかった場合

4時間という時間区切りで損切りされているということです。

 

 

1つ2dとなっていますが、

これは週を挟んでの決済になったということですね。

 

 

週を挟むのは良くないですが、

時間での損切りはリスク面では評価できます。

 

 

例えばマーチンゲールタイプのEAのだと

積みました際の含み損は精神的ストレスにもなります。

 

そしてその手のタイプのEAの末路といえば

数年安定した成績を残したにもかかわらず、

最後に、数年間の利益を吹き飛ばし破綻。

 

 

SnakeFXはそういったいきなりの破綻というリスクはありません。

 

 

あと、これまでのトレードを見てみると

損切り幅としても40pipsを目安に入れているようですね。

 

 

左がエントリーした値で、右が逆指値を入れた値になります。

 

2013-05-06_01h42_31

 

こちらも評価できるポイントになります。

 

 

ただ、金次郎のSnakeFXには、

ノーマル、ハイリスク・ハイリターン、ローリスク

この3つのが用意されているんですね。

 

なので損切りに関しても

セッティングで変わるのかもしれません。

 

私はノーマルでデモ運用中です。

 

 

いまのところ成績はマイナスなのでなんとも言えませんが、

しっかりと損切りをしているという意味では評価できるEAです。

 

 

危険性をあげるなら週をまたいでポジションを保有することですね。

これは、リスク面であまり評価できることではありません。

 

 

対応策として金曜のみ停止させるということも考えられますが

ひとまずは、このまま検証を続けていこうと思います。

 

 

白山のSnake FXをMyFXBOOKで見る

 

 

金次郎~Snake FX~の評価

採点

再現性 5点(すごく良い)
購入後のアフターフォロー 1点(普通)
応用のしやすさ 3点(良い)
価格と内容のバランス 1点(普通)
売り込みの激しさ 1点(普通)

合計11点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー