【ドル円考察】勝てているトレードはいま売り場を探している?

この記事は約1分33秒で読めます

現在ドル円は上げてきているようですね。

 

ニュースやコラムを見ると111.000で底をつけたと見るか、調整と見るかで意見が分かれているようですが、個人的にはどちらでも良いというのが正直なところです。

 

単純に値動きについていけば勝てるのがトレードなので、チャートを見ながら判断していけば良いかなと、、ただ、この記事の最後に長期トレンドが変わった可能性があると書いたのですが、いまもその考えは変わっていません。

 

なので、個人的には今のドル円の上昇は調整の動きと見ていて、いずれまた109.800辺りまで下げていくのではないかと思っています。

 

そして、勝てているトレーダーというのも、おそらくは売り場を探しているはずです。

 

どこでまた下げだすのかというのはわかりませんが、目安となりそうなのは115.000、そこを上抜けてくるようだと116.500辺りが比較的わかりやすい下げてきそうなポイントになるかと思います。

 

そこから下げてくるのではなく、「下げてきそうなポイント」なので、そこに到達したら売るということではないです。

 

「様子を見て、下げてきそうなら売る」ということですね。

 

様子を見るというのは、

  • 到達後に高値安値が切り下げ始めた
  • 到達後にレクタングルとなり、その後レクタングルを下抜けてきた

というようなことが確認できるまで様子を見るということです。

 

ちなみに、下げていくと思っていますが、売りだけを狙っているということはなく、調整の動きに乗って買いが仕掛けれそうならしていくつもりです。

 

ちょうどいま(14時現在)115.000付近に位置しているので、ここを抜けてくるようなら買いもできそうと思って見ています。

 

という記事を書いているところだったのですが、売れそうな状況となったので売りで入ってみました。

 

2016-02-16_14h31_57

エントリーの根拠などは、また別の記事で書きますが、15pipsほど逆行したら損切りしようと思います。→エントリー後の結果はこちら

 

いずれにせよ、長期的にはドル円は下落傾向にあることと、勝てているトレーダーはおそらく売り場を探しているということでした。

 

それでは、また次回です。

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー