FXで負けない方法

この記事は約2分14秒で読めます

 

100%負けないというのは無理な話ですが、

できれば負けを減らしたいというのは

FXをやっている人であれば誰しもが思うことではないでしょうか。

 

 

でもFXで100%負けない方法というのは実はあります。

それはずばり、、、エントリーしないことです。

 

 

怒られそうな答えですけど、

実際のところエントリーしなければ負けません。

 

 

ただそれだと勝つこともないので稼ぐこともできませんが。。

 

 

なので、できるだけ負けない方法ということになりますが、

それは自分が負けずらいポイントでエントリーするということになります。

 

 

そのためになにが必要かというと自分なりのルールと

相場がいまどうなっているのか把握することだと思います

 

 

偉そうにいえるほどの身分でもないので恐縮ですが・・・

 

 

私は基本的に順張りエントリーが多いので、

レンジ相場は避けるようにしています。

 

 

ですので、昨日今日の相場は私には様子見の相場になりますね。

 

 

ドル円/日足

2013-05-17_07h12_55_R

 

ドル円/4時間足

2013-05-17_06h48_35_R

 

ユーロ円/日足

2013-05-17_07h12_58_R

 

ユーロ円/4時間足

2013-05-17_06h48_38_R

 

ユーロドル/日足

2013-05-17_06h49_15_R

 

ユーロドル/4時間足

2013-05-17_06h48_40_R

 

 

見ての通り方向性がはっきりをしていないレンジ相場になっています。

 

 

上位足でのレンジは下位足でトレンドを形成していることもありますが、

私のルールでエントリーした場合、負けることが多かったので

無理に入る理由がないということになります

 

 

ただユーロドルはもう一段階下げてもおかしくないようにも見えるので、

サポートを割って売りで入るポイントがあればエントリーすると思います。

 

 

これはあくまでも私のトレードルールになるので、

こうしたほうがいいという話ではありません。

 

 

ただ、こんなことを書くとそれをするためのルール作りや、

それを守るためのメンタル作りができなくて困ってるんですけど!

 

 

なんて声も聞こえてきそうなので、

また別の機会に行動についてなども書いてみようかと思います。

 

 

FX商材の検証と関係ないので、書かないかもしれませんが^^;

 

 

このへんの話はFXというより、

行動分析学や、脳科学といったジャンルになりそうですね。

 

 

まとめ

 

負けないためには負けづらいポイントで入るということですが、

これは自分がわかっている相場ともいえるかもしれません

 

 

なので、チャートを見てわからないと思えば、

それはエントリーするべきポイントではないということですね。

 

 

もし、わからないポイントばかりならそれはデモに戻って

ルール作りをしたほうがいいとう状況なのかもしれません。

 

 

追伸

 

今回のはあくまでもリアルトレードでのルールになるので、

FX商材の実践検証をする場合、

レンジ相場でもエントリーすることはあります。

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー