FX商材の選び方

以下のタイプに分けて、商材の選び方を紹介していきます。

  • 気になるけど怪しすぎると思っている段階
  • 特定の気になるFX商材を始めて購入しようと思っている段階
  • FX商材をすでに何度か購入した経験がある段階
  • トレードである程度勝てている段階

 

では、一つづず見ていきます。

 

気になるけど怪しすぎると思っている段階

特定のFX商材ではなく、FX商材という存在が気になっている段階の方ですね。

 

例えば、ネットサーフィンをしていたら、FX商材の広告を見かけて、それを見てからFX商材に興味をそそられているという段階です。

 

この段階の方は、「FX革命」「投資で負けない為の10の掟」を検討してみると良いでしょう。

 

なぜ「FX革命」や「FX投資で負けない為の10の掟」なのかというと、この2つは5千円以内で購入できて、一定の満足度は得られるだけのクオリティに作られているためです。

 

もし満足できなかったとしても、5千円以内なら勉強代として許容できる方が多いのではないかというのも、この2つを選んだ理由になります。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

FX革命DX検証評価レビューしました

 

 

投資で負けない為の10の掟を検証レビューしました

 

 

また、この2つは低価格ですが、PDFテキストと、動画で構成されているので、一通りFX商材とはこういうものというのが知ることができるはずです(FX商材はPDFテキストと動画で構成されていることが多いため)。

 

なお、「FX投資で負けない為の10の掟」には無料FX講座が用意されているのですが、FX初心者の方に参考になることが多い内容なので、購入前に講座を受けてみるのも良いでしょう。

 

気になる方は販売ページの一番下までスクロースすると、無料講座への登録フォームがあるので、そちらにアドレスを入力し、講義を受講してみてください。

 

2016-11-25_17h08_33

 

どうせなら、自分が気になっている商材を購入したいという方は、次をご覧ください。

 

特定の気になるFX商材を初めて購入しようと思っている段階

特定の気になる商材がある方は、気になっている理由があるはずです。

 

例えば、販売ページで

 

「サラリーマンでも仕事が終わり家に帰ってから30分で5万円稼げた」

「プロのトレーダーと同じ成績がだせる」

「トレードで稼ぎながら世界中を旅しています」

 

のようなことが書かれていたのが気になって仕方がないというようなことです。

 

その場合は、気になっていることが、商材を購入することで本当に達成が可能なのか徹底的に調べてみてください。

 

掲示板を見るでも良いですし、口コミサイトのようなものがあるなら、そういったものを参考にするのでも良いかと思います。

 

 

個人的にしてもらいたいのは、私のようなFX商材をレビューしている人に、直接質問メールを送って聞くということです。

 

1人2人だけだと、購入してもらいたいがために、都合の良いことをいったりする可能性が高いので、できる限り多くの方に質問をしてみると良いでしょう。

 

納得するまで質問してみて下さい。質問して迷惑じゃないのかなと思う必要はありません。

 

FX商材を紹介している人が一般的な感覚の持ち主で、自分自身が高額な商材を紹介しているという自覚があるなら、質問されて迷惑と感じる方はいないはずです。

 

ただし、質問する際には、最低限のメールマナーは守るようにしてください。名前も名乗らず質問だけ一行で送ったりするのはNGです。

 

 

参考までに私が、選ぶだけの価値があると思う商材の条件をお伝えしておきます。

 

  1. しっかりとしたアフターフォロー
  2. 手法を使ったケーススタディが豊富にある
  3. 内容が更新されている

 

最低でもこの3つの条件はクリアしないと、私は購入するだけの価値がないと思っています。

 

なぜこの3つの条件をクリアしないと価値がないと思うのかについては、以下の記事で詳しく書いていますので、興味があればご覧ください。

 

選ぶだけの価値がある商材とは?

 

調べるだけ調べて、それでも欲しいときは、購入ボタンを押して即決済することをお勧めします。

 

少し迷うとまた考え始めて、結局買うのを辞めたということに繋がります。調べるだけ調べた結果、欲しいなら、それはもう欲しいんです。そんなときはササッと購入してしまったほうが良いと思います。

 

FX商材をすでに何度か購入した経験がある段階

どのようなものを購入してきたかで変わるので、以下のように分けてみました。

  • サインツールやEAを購入してきた
  • 裁量スキルを上げれる商材を購入してきた
  • サインツール、EA、裁量スキル向上、とにかく色々購入してきた

 

サインツールやEAを購入してきた

EA(自動売買ツール)やサインツールといった商材を購入してきた方は、裁量スキルを上げる商材を選ぶと良いでしょう。

 

EAやサインツール(以下EAで統一)を使って収益を上げているトレーダーはいるので、EAやサインツールでは勝てないとはいいませんが、EAトレーダーでも裁量スキルはあるものです。

 

 

なぜなら、EAというのは、得意な相場、苦手な相場があるので、得意な相場で起動させて、苦手な相場では停止をしなくてはならないからです。

 

なので、もし将来的にEAを使ってトレードをしていきたいのだとしても、まずは裁量スキルを身に着ける必要があります。

 

 

 

もしかすると、いまの時点で裁量スキルはあり、トレードで収益も上がっているけど、精神的な面でちょっとしたミスを犯すことがあり、それが切っ掛けで大きく負けてしまうからEAでなんとかしたい。という状況の方もいるかもしれません。

 

その場合は、EAを購入するのではなく、自分のルールをロジックとして落とし込み、EA作成代行業者などでオリジナルEAを作成することを検討したほうが良いでしょう。

 

それだと、自分の手法を自動化したものになるので、使いこなすのに時間はかからないはずです。

 

 

裁量スキルを上げれる商材を購入してきた

この場合、難しくて途中で挫折してしまったという状況と、裁量スキルが身につく期間を甘く見ているということが考えられます。

 

難しくて途中で挫折した場合

難しく途中で挫折してしまったなら、どこに難しさを感じたのか紙にリストアップしてみましょう。

  • 具体的ルールがなく、エントリーをどこでしてよいのかわからなかった
  • 相場分析の説明が抽象的で、あまり理解ができなかった
  • レベルが高く、ついていけなかった
  • 学ぶ範囲が広すぎてどう学んで良いかわからなかった

などなど、挫折してしまった原因は、考えるといくつかでてくるはずです。

 

 

それがわかれば、どのような商材を検討すれば良いかがわかります。

 

具体的ルールがなく挫折→具体的ルールがある商材

相場分析の説明が抽象的で理解できない→相場分析の説明が明確な商材

レベルが高くついていけない→初心者向けの再現性の高い商材

学ぶ範囲が広すぎた→ブレイクのみのように学ぶ範囲が限定された商材

 

なお、FX商材の場合、商材著者がサポートをしていることが多いので、新しい商材を購入する前に、一度相談してみると良いでしょう。

 

著者がサポートをしていない場合は、購入先のレビューワーさんに相談して見てください。レビューワーさんは実際にトレードをしていない可能性もあるので、意味がないかもしれませんが、念のために相談してみましょう。

 

その際、「それならこの商材がオススメですよ」なんてことを言われたら、その商材は購入せず、その方とのお付き合いは終わりにすることをお勧めします。

 

裁量スキルが身につく期間を甘く見ている

2~3ヶ月ほど裁量スキルを学んでみたけど、うまく分析できないから自分には合っていないのかもしれない。。

 

このように考えてしまう方もいるのですが、裁量スキルというのはそう簡単に身につくものではありません。

 

 

私の場合だと、相場分析が自分なりに納得できるようになるまで、時間にすると2000時間以上はかかったと思います。

 

2000時間というと、1日3時間学んだとして、約1年10ヶ月になります。

 

私は物覚えが良いほうではないので、これだけかかったのかもしれませんが、いずれにせよ2~3ヶ月で身につくものではないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

 

なので、2~3ヶ月学んだのに結果が伴っていない(勝てるようになっていない)という状況なのであれば、それが普通と考えて、新しい商材を購入するのではなく、相場分析を日々繰り返すようにしたほうが良いです。

 

その際は、しっかり検証・改善をするようにしましょう。

 

白山流のFX検証方法を完全公開

 

サインツール、EA、裁量スキル向上、とにかく色々購入してきた

このような段階の方は、購入すること自体が目的となっていないか考えてみてください

 

当初は勝つという目的のためにFX商材を購入していたはずが、いつのまにか購入という行為自体に満足感を感じるようになってしまうことは良くあることです。

 

自分では、新しい手法を色々知ることで成長しているような感覚になるかもしれませんが、トレードで勝つという目的からズレてきしまっていると考えて良いでしょう。

 

もちろん、様々な手法を見ることで成長することはあるので、購入するごとにトレード成績が上がっているのなら問題はありません。

 

ですが、一向に勝てていないとなると、問題として認識する必要があるかと思います。

 

そのような場合は、新しい商材を購入するのではなく、裁量系の商材を掘り下げて、チャート分析スキルを身につけるよう努めたほうが良いでしょう。

 

トレードである程度勝てている段階

この段階の方は、特に商材を購入する必要はないのですが、購入しても無駄にはならないので、自分が興味のあるものを購入するのが良いでしょう。

 

購入しても無駄にはならないというのは、ある一定のレベルに達すると、どのような手法でも自分なりに咀嚼し、トレードのエッジとして利用ができるということです。

 

仮に購入して使えないとしても、トレードで収益を上げているわけですから、FX商材の購入費程度は勉強代として受け入れられるかと思います。

 

また、FX商材の購入費は経費にできるため、税金対策として購入するという選択もできるでしょう。

 

ある程度勝てるようになってくると、研究目的として様々な商材を購入している方もいるようですね。

 

 

FX商材の選び方は以上となります。

 

思っていたような選び方とは違ったかもしれませんが、このような選び方もあるんだと参考にして頂ければと思います。

 

 

 

関連記事

  1. FXTF
  2. 確定申告
  3. 水平ライン
  4. パソコン起動と同時
  5. 1
  6. 2015-08-06_16h32_50

お知らせ

maestro

全カテゴリー