マエストロFX実践検証51~順張りからの逆張りでビビリ決済の巻~

成績:3戦3勝0敗
通貨ペア:ドル円
合計:+110.2pips

2016-11-24_01h23_10

1回目のエントリー解説

エントリー概要

執行時間軸スクイーズ気味からの上位時間軸トレンド方向へブレイクエントリー

エントリーポイント

■「左上:日足」「右上:4時間足」「左下:30分足」「右下:5分足」

2016-11-23_22h43_16

エントリーの瞬間の画像を撮り忘れました。

 

ここ2日ほどレンジ傾向になっており、本日はさらに収縮傾向になっていたことから、そろそろブレイク間近かもしれないと考えてチャートを見ていました。

 

しばらくして本日の高値を超えてきたので、エントリーの準備をし、少し戻して反発したところで買いエントリーとなりました。

 

途中経過

■「左上:日足」「右上:4時間足」「左下:30分足」「右下:5分足」

2016-11-23_22h43_16

ここでは複数時間に渡り上値が抑えられることが多いチャートポイントと重合していたため、下げてくるような一旦決済しようと思いながら見ています。

上値が抑えられるチャートポイントの参考:トレーニング動画PDF(講義版)P35

 

トレード結果

■「左上:日足」「右上:4時間足」「左下:30分足」「右下:5分足」

2016-11-23_22h43_30

【+71.7pips】

112.000から下げてきそうな気配を感じたので、大事をとって決済をしました。デイトレードとしては十分な利幅がとれているので、無理して保有する必要はないところです。

 

その後の流れ

■「左上:日足」「右上:4時間足」「左下:30分足」「右下:5分足」

2016-11-24_00h22_14

決済後は、少し112.000で抑えられたようですが、その後抜けていったようです。

 

112.000を抜けた時はチャートを見ていなかったのですが、見ていたとしても高値つかみを警戒して私は入れなかったかもしれません。

 

後から見ると絶好の買いポイントなのですが、リアルタイムに動いているときの判断は難しいものですね。

2回目のエントリー解説

エントリー概要

上昇中のレクタングル上抜けで買いエントリー

エントリーポイント

■「左上:日足」「右上:4時間足」「左下:30分足」「右下:5分足」

2016-11-24_00h29_14

5分足で上限下限を特定し、上限を抜けたところで買いエントリーをしました。

 

■「1分足」

2016-11-24_00h30_05

ここでは、上昇のスピードが早いので、細かなタイミングを1分足でとっています。

 

5分足でもアセンディングトライアングルのようなものが確認できますが、1分足を見るとよりわかりやすいかと思います。

 

ここでは売り方の力が及ばず徐々に安値が切り上げられ、一気に抜けていきそうな気配を感じていたので、完全に抜けきってはいませんでしたが、少し早めにエントリーをしています。

 

気配を感じて早めにエントリーをしても、気のせいで一気に下げてくることはあります。ですが早めのエントリーでもトータルでプラスになっているので私は早めのエントリーが多いです。

 

ちなみに、状況によりますが、レジスタンス付近で買うと、下げてきたとき「新規の売り」と「利確の売り」で一気に下げやすいので、傷が深くならないうちに損切りしたほうが良いです。

 

途中経過

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_00h31_28

利確目安がわかりづらかったので、わかりやすい時間軸に切り替えています。右上15分、左下5分、右下1分です。

 

時間軸を小さくしているのは、値動きがわりと早い状況なので、短い時間軸を見たほうが決済タイミングを取りやすいという意味もあります。

 

時間軸を切り替えたところ、15分足+2σと、5分足+3σが重なりそうだったので、ひとまずそこまでを目指すことにしました。

 

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_00h33_49

目標まで到達したところで、少し様子を見ています。

 

トレード結果

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_00h34_38

【+30pips】

利確目標に到達していることと、下げてきてもおかしくないポイントということで決済となりました。

 

その後の流れ

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_00h39_52

決済後は、少し下げてきました。ポイントポイントでは私が決済をしたように、他のトレーダーも決済をするため、値動きは停滞することが多いですね。

 

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_00h53_25

売り方、買い方が迷っている状況です。

 

私は、この段階で買うにしても、近い位置に113.000が控えており、あまり利幅とれないため、これ以上買ってもしょうがないと考えていました。

 

同じようなことを考えているトレーダーがいることは容易に想像がつきますね。

 

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_00h56_55

この上げは、売り買いに決着がついたと見るよりは、超短期トレードしている人達が、113.000までを狙って仕掛けたと見ています。

 

その動きにつられて飛びつき買いをしたトレーダーもいるとは思いますが、おそらくまだトータルで勝てる段階にいない初心者トレーダーのような方たちになるかと思います。

 

あくまでも想像ですが、そうだとするならば113.000付近での動きは、超短期トレーダーの利確、ずっと上げてきている間買いポジション保有していた人の利確、新規の売りなどで、下げてくる可能性が高くなってきます。

 

しかし、初心者トレーダーは、これだけ上げているのだから保有していても大丈夫と考えてしまい、結果損切りになったりします。

 

そういうこともあるので、ポジションの動きを意識して見ることは、上手くトレードをするためにも大事かなと思います。

ポジションの動きの参考:トレーニング動画PDF(講義版)P83

 

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_00h59_38

私は112.700~112.800付近まで上昇したところで、下げてくるような動きがあれば、売って見ようと考えてチャートを見ていました。

3回目のエントリー解説

エントリー概要

ラウンドナンバーまで上昇したところで逆張り売りエントリー

エントリーポイント

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_01h00_09

112.700~112.800付近から下げてきたため、売ってみました。

 

途中経過

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_01h04_57

先程113.000付近では、利確売り、新規売りなどで下げてくる可能性があると言いましたが、そうは言ってもこれだけ上昇している最中なので、上へ戻る動きを感じたらすぐに決済をしようと思って見ていました。

 

リスクの低い逆張りと、リスクの高い逆張りがありますが、これはリスクの高い逆張りになります。

 

トレード結果

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_01h05_05

【+8.5pips】

下降の動きが鈍く、次足に切り替わり陽線となり始めたため決済しました。ビビリ決済です。

 

その後の流れ

■「左上:日足」「右上:15分足」「左下:5分足」「右下:1分足」

2016-11-24_01h17_28

その後は、順調に下げていったので、もう少し様子を見れば・・・と思うものですが、リスクをとっても仕方がないところだったので、これはこれで良しとしておきましょう。

 

久しぶりの実戦記事でしたが、また定期的に更新していきたいと思います。

 

マエストロFXを購入(白山特典付き)

特典についてはこちらご覧ください

関連記事

  1. torehack
  2. maestrofx-225x120
  3. maestrofx-225x120
  4. パリス昼豚の5万円FX
  5. maestrofx-225x120
  6. maestrofx-225x120

お知らせ

maestro

全カテゴリー