アドバンスドホーミングFXを検証評価!久しぶりのレビュー記事です

久しぶりにFX商材のレビューになります。というより記事を書くのも久しぶりですね。

 

アドバンスドホーミングFXは、今年の始めに購入していたものの、なかなか時間がとれずにレビューできずにいましたが、最近少し時間がとれてやっとレビューができました。

 

今年中にできて良かったです。。それではさっそくレビューをしていきたいと思います。

アドバンスドホーミングFXの製作者はどんな人?

アドバンスドホーミングFXを販売しているのは、千草明さんという個人トレーダーの方になります。

 

実際に1000万を入金し、2週間で350万ほど収益を上げている様子を動画収録(特典2の動画デイトレード編に収録)されていることからも、実力の高いトレーダーであることは間違いありません。

 

顔出しなどはしていませんが、FX商材製作者の場合、顔出し、書籍を出版、雑誌でFXコラム記事を執筆、元プロのディーラー、などいかにも信頼できそうにも関わらず、トレード技術はなしと言う人も多いものです。

 

しかし、千草さんのトレード技術は動画を見るだけでも卓越しているのが伝わってきますので、教えを受ける対象として選んで失敗したということにはならないでしょう。

 

2015年1月15日のスイスショックでは、数多くのトレーダーが一瞬で相場から退場させられましたが、千草さんは、その荒れ相場を利用し20万を200万に増やすということもされています。(デモではなくリアルトレードで増やしています)

 

その模様は動画収録がされており、特典2の講座9で見れるようになっているので、アドバンスドホーミングFXを手に入れた方は、実力派トレーダーの技術をご覧下さい。

教材概要

2016-11-22_15h12_24

2016-11-22_15h12_44

2016-11-22_15h12_34

本編(97ページ)

2009年発売と古い部類にはいる商材ですが、マニュアルも上手くまとめられているため、読みづらい、何をいっているかわからないなど、読んでいて苦痛と思うようなこともありませんでした。

 

テキストを読む際に毎回パスワードを入力する必要はあるのが少し手間ですが、パスワードは簡単に覚えられるものなので、毎回調べる必要はありません。

 

特典1:会員制サポートブログの閲覧

2016-11-22_15h16_51

このサポートブログは少し前までは、購入から31日間が無料で、以降は月額2,980円を支払わないと見れなかったのですが、今は無料にて無期限で閲覧できるようになっています。

 

特典2:8時間を超えるテクニカル解説&トレード実践動画

2016-11-22_15h18_36

2016-11-22_15h18_48

  • デイトレード編 前編( 1 時間46 分)
  • デイトレード編 後編(1 時間11 分)
  • スキャルピング編 movie3(1 時間49 分)

上記動画は手法の実践動画になります。実際の相場で手法を使いトレードをしているので手法の理解が進みます。

 

なお、こちらの動画は、数日分が一つの動画にまとめられているため長かったので、私のほうで日ごとに分割して見やすくさせて頂きました。

 

  • 講座1 水平線とトレンドラインの引き方と活用法(39分)
  • 講座2 チャートの決め方とマルチタイムフレーム分析(58分)
  • 講座3 チャートパターンの分析方法(43分)
  • 講座4 基本的なテクニカルの使い方(59分)
  • 講座5 相場を読む秘訣(51分)
  • 講座6 利食いと損切の調整法(1時間35分)
  • 講座7 米雇用統計時のトレード方法1(54分)
  • 講座8 米雇用統計地のトレード方法2(46分)
  • 講座9 大乱高下でのトレード方法(55分)

上記動画は、私が確認した限りだと、講座1~4が初心者向けの動画、講座5~9が中級者向けの応用動画になるかと思います。

 

チャートテンプレート

2016-11-22_15h20_29

アドバンスドホーミングで使用するチャートのテンプレートが付いています。テンプレートをMT4の指定フォルダに入れることで、すぐにアドバンスドホーミングFXのチャート設定でトレードが行えるようになっています(チャートはブラックとホワイトから選べます)。

 

サポート体制

サポート体制については販売ページに書かれている通り、購入から1ヶ月間のメールサポートがついています。

購入後にこんなはずではなかった!と思うことはないか?

アドバンスドホーミングの販売ページには

  • 誰にでもわかりやすい
  • 具体的かつ再現性が高い
  • 相場のあらゆる状態からアプローチができる

と言ったことなども書かれていますが、相場分析法や、手法に関しては具体的にまとめられており、手法も相場状況に合わせて7つあるので、あらゆる相場状況で(やるやらないは別にして)アプローチができるということに偽りはありません。

 

ただ、「誰にでも」わかりやすいかと言われると、ある程度トレードの知識がある人であれば理解できると思いますが、基礎用語の解説などはないので、これからトレードを始めるような方には理解できない可能性があります。

 

ですので誰にでもわかりやすいということではなく、トレードの基礎用語、基礎知識を知っているならわかりやすいということになります。

 

他にも、

1.FXはどうやれば勝てるのか?
2.実際どのように練習すればいいのか?
3.具体的にはどんな手法をどのように使えばいいのか?
4.月間で利益を出すためには、何をしなければならないのか?

 

と言ったことも書かれていますが、

1は「マニュアル第1章」で解説
2は「マニュアル第5章」と「購入後のアドバイスメール」で解説
3は「マニュアル第4章」で解説
4は「マニュアル第5章」で解説

 

と、しっかり解説がされていますので、以上の理由から、購入後にこんなはずではなかったと思うことは、ほぼないでしょう。

 

一つ販売ページを読んでいて気になるのは、目指す収益として月に資金の1.3倍という点です。

 

これは、月利にすると30%になりますが、この成績は少しリスクを高く取る必要があるのと、トレードスキルが高くないと難しいので、1.3倍にならなくても普通だと思っていたほうが、がっかりしなくて済むはずです。

 

個人的には1.1倍(月利10%)ほどコンスタンスに取れていれば、腕の良いトレーダーに入ると思っています。

 

なお、プロディーラーが年利10%で凄腕と言われているのに、個人が月利10%なんて不可能という考えもあるかと思いますが、そもそもプロのディーラーと個人は運用資金が違いますし、とれるスタイルもリスクも違うので、その理屈には当てはまらないと考えて下さい。

 

では次から、アドバンスドホーミングのテキスト内容について詳しく見ていきます。

第1章 利益を出す仕組みを知る

この章ではサブコンテンツとして以下のような内容に分けられています。

  • FXで勝つ基本とは?
  • 勝ち方の種類
  • ●●と●●のトレードを相場状況によって使いわける
  • トレードで勝つための秘訣
  • トレードで勝つために必要なもの
  • 経済ニュースを見る必要はない
※●●は、ネタバレに繋がる可能性があるため私のほうで伏せ字にしています。

 

以下、サブコンテンツの内容紹介となります。

 

FXで勝つ基本とは?

ここで書かれていることを理解してトレードをすることが、なによりも大切なことです。

 

これを意識しないが為に、その場その場のトレードをしがちになりますし、いつまでも勝てないという状況にもなります。

 

ですので、ここに書かれていることは短いことですが、とにかくこれがトレードでは大切なんだということを理解することが、勝てない状況を打破することに繋がってきます。

 

勝ち方の種類

ここで書かれていることは、「FXで勝つ基本とは」を、再現するために必要な考え方となります。

 

勝ち方の種類というよりは、収益を残すための考え方といったほうがしっくり来るような気もしますね。

 

●●と●●のトレードを相場状況によって使いわける

●●と●●と伏せ字にしましたが、正直隠すほどのことではないと思っているのですが、「勝ち方の種類」のネタバレになってしまうので、一応伏せ字としました。

 

私はここで書かれているような考え方を意識していなかったので、そういう考え方もあるのかと参考になりました。

 

すでにトレーで勝てている状況であれば、ここで書かれているようなことに自然となっていそうですが、意識することで成績が改善することに繋がる可能性はありそうです。

 

また、利を伸ばす、伸ばさないの判断で迷う人も多いと思いますが、その迷いを解決する切っ掛けにも繋がりそうです。

 

トレードで勝つための秘訣

「相場には秘密があります。秘密がないということが秘密なのです。」

上記の言葉はマエストロFX通信を見ている方にはお馴染みの言葉ですが、ここに書かれていることは、まさにそのようなことですね。

 

秘訣というほど、秘訣ではないが、これが秘訣と言われれば確かに秘訣といえる。。トレードで収益を上げている人からすると、そのような感想をもつことも多いのではないかと思います。

 

理解するだけなら簡単で、実際にやるとなると難しいことになりますが、それを、できるようにしたのがアドバンスドホーミングFXといった内容で締められています。

 

トレードで勝つために必要なもの

勝つために必要なものとして2つピックアップしています。

 

これは言っても特に問題なさそうなのでいいますが、「相場観」「リスク管理」になります。

 

相場観というのは、いまの相場がレンジなのかトレンドなのかを判断できる能力のことですが、慣れれば高値安値が切り上がっているからトレンド、切り上がっても切り下がってもいないからレンジ、高値安値が切り上がっていないレンジだけど長期的にはトレンド、のように自然と判断できるものです。

 

それらが判断できると、相場状況に見合ったトレードプランというのが立てれるので、トータルで収益がプラスになってきます。

 

ですが、経験が浅いうちは相場判断が難しく、そのせいで適切なトレードプランが立てれず、結果としてトータルでの収益がマイナスに繋がってしまいます。

 

そこで経験が少なく相場状況が判断できないという状況を解決するために、アドバンスドホーミングFXではテクニカル指標を使って判断をしていくということが書かれています。

 

リスク管理というのは、1トレードのリスクを限定し、長期的にトレードを続けていくための方法論になりますが、アドバンスドホーミングFXでは1トレードのリスク率を証拠金の2%とするようです。

 

2%というと、証拠金100万円なら、1トレードでの最大損失を2万円に収まるように、枚数を調整するということになります。

 

このリスク率は、人によっては小さすぎる、健全だ、もう少し小さくするべき、と意見がわかれるかもしれませんが、私は健全なレベルだと思います。

 

経済ニュースを見る必要はない

アドバンスドホーミングFXではファンダメンタルズ情報をほぼ見ないのですが、なぜ見る必要がないのかということが書かれています。

第2章 テクニカルとリスクリワード設定

この章ではサブコンテンツとして以下のような内容に分けられています。

  • 使用テクニカル一覧
  • リスクリワード比率の設定
  • 使用テクニカル一覧

 

使用テクニカル一覧

以下の時間軸を基本としてトレードプランを立てていきます。

デイトレード時の使用足

  • 長期足:1時間足
  • 短期足:5分足

 

そして以下の時間軸を補佐として使用していきます。

  • 日足・4時間足(トレードを行なう前の全体チェックに使用)
  • 1分足(利益延長に使用)

 

これは私の考えですが、はじめは1時間足と5分足を使って手法を覚えたほうが、混乱が少なくて良いかと思います。

 

あくまでも「手法を覚えるため」であって、二つの時間軸のみでも十分に勝てるからという理由からではありません。

 

二つの時間軸のみを使ってトレードをした場合、おそらく負けることも多くなるはずです。

 

負けることは多くなりますが、それよりもどんなときに手法が使えるのかを知らないと、効率よくトレードできず検証もままならないので、まずは手法を覚えたほうが良いということです。

 

手法を覚えた後は、日足・4時間足などを使いトレードの精度を上げていくと良いでしょう。

 

使用テクニカル

  • 単純移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • RSI

どの業者でも搭載されている基本的なテクニカルなので、時代に左右されず使い続けられますね。

 

FX商材に興味を持つ方は、珍しいテクニカルが使われるものにそそられる傾向がありますが、このような基本的なテクニカルで行なうトレードこそ、時間をかけてでも身につける価値があると理解したほうが、時間を無駄にしなくて済みます。

 

この他にも、「フィボナッチ・リトレースメント」「フィボナッチ・タイムゾーン」「トレンドライン・水平線」といった、ものを使っていきます。

 

「フィボナッチ・タイムゾーン」に関しては、上級者用としているので、使わなくてもトレードは可能となっています。

リスクリワード比率の設定

アドバンスドホーミングFXでは通貨ペアの種類にて、ボラティリティを「変動小」「変動中」「変動大」と分けており(ドル円なら変動小、ポンドドルなら変動大のようなこと)、またトレードスタイルの違いでもリスクリワードを明確に設定してあります。

 

明確に設定というのは、変動小の通貨ペアでは、「損切り○○pips」「利確○○pips」、変動大の通貨ペアでは、「損切り○○pips」、「利確○○pips」のように、決められているということです。

 

なので、トレードプランを立てるときに、どの程度を狙っていくか迷うことが少なくなっています。

 

また、リスクリワードの考え方として「利食は小さすぎてもダメだし、大きすぎてもダメです」とあるのですが、利はできるだけ伸ばすというのが一般的な考えの中、なぜ大きすぎるのがダメなのかという説明には説得力があります。

 

変動小の通貨が必ずしも、変動小ではないので、そんなときには柔軟にリスクリワードを設定したほうが良いとは思いますが、ここで設定されているリスクリワードを愚直に守ったとしても、トータルで勝つ可能性は高くなるでしょう。

 

良く考えられたリスクリワードになっています。

 

なお、リスクリーワードについては、特典2の「テクニカル講座6回 利食いと損切の調整法」も参考になるので、合わせて見てみると理解が深まるでしょう。

 

第3章 相場状態の確認方法

この章ではサブコンテンツとして以下のような内容になっています。

  • 相場状態の判定
  • 相場状態の判定

アドバンスドホーミングFXでは相場状態を、レンジ相場、トレンド相場、トレンド転換相場と分けられており、そこから細分化されているのですが、これは以下の画像を見てもらうとわかりやすいです。

 

2016-11-18_09h55_14

 

一番の下の状態ごとに、手法を使い分けて利益を上げていくのがアドバンスドホーミングになります。

 

細分化されているので、状態判断が大変な気もしますが、テクニカル指標を使って判断していくので、そこまで大変ではありません。

 

なぜならテクニカル指標を使った相場状態の判断は、ローソク足の高値安値の切り上げでの判断などと違い、トレーダーの裁量で解釈が変わることが少ないからです。

 

例えば、直近の高値と新たに作られた安値と言われると、トレーダーによって直近の高値をどこと見るか、新たに作られた安値をどこと見るか違ったりします。

 

ですが、短期MAと中期MAがクロスをしたところというのは、誰が見てもここでクロスをしているとわかるものです。

 

ですので、テクニカル指標を使った分析というのは、テクニカル指標がこのようになっていれば、相場状況はコレといったように、判断がしやすいということです。

 

ただ、そうは言ってもテクニカル指標によっては慣れが必要なものがあるので、あくまでも「判断がしやすい」であって、「明確に判断できる」ではないことは理解しておく必要はあるでしょう。

第4 章 トレードに使う手法

この章ではサブコンテンツとして以下のような内容に分けられています。

  • 手法の種類
  • 安定的な相場と不安定な相場でのアプローチ方法の違い
  • エントリーの流れ
  • 利益を増大させるルール
  • 第4章のまとめ

第4章が実質的なメインコンテンツになるかと思います。ボリュームも一番多い章です。

 

手法の種類

第3章の相場状態ごとに、以下の7種類の手法が紹介されいてます。

【手法1】 1 時間足と5 分足がレンジ状態
【手法2】 1 時間足がレンジ状態で、5 分足がトレンド状態
【手法3】 1 時間足がトレンド状態で、5 分足がレンジ状態
【手法4】 1 時間足と5 分足が同方向のトレンド状態
【手法5】 1 時間足と5 分足が逆方向のトレンド状態
【手法A】 1 時間足がレンジからのトレンド転換状態
【手法B】 1 時間足がトレンド相場からのトレンド転換状態

 

これだけ相場状況に合わせて、手法が確立されている商材というのは、アドバンスドホーミングFX以外には見たことがありません。

 

それぞれの手法に合わせた利確、損切りなどが設定されているのも、学習者としては迷わずに済むのでありがたいですね。

 

また、これらの手法が逸材なのは、「相場循環に合わせて、使える手法が移り変わっていく」ということです。

 

相場の循環というのは、相場というのは、常に動いているものなので、A状況からB状況、B状況からC状態、またはD状態へ、D状態からA状態へ、のように、ぐるぐると常に回っているということです。

 

これらの循環に対応しているということは、常にトレード機会と捉えることができるということです。

 

アドバンスドホーミングでは、手法1は手法Aへ、手法Aは手法2、または手法4へのように移り変わっていきます。(他の移り変わりついてはテキストをご確認ください)

 

このように常にトレード機会と捉えることができるのは、利益を効率よく積み上げるために重要な要素となりえます。

 

ただ、常にトレード機会があるからといって、技術がない時期に常にトレードをしていては、利益は積み上がるどころか、減り続けることになるので、その点は注意が必要です。

 

いずれそのようなトレードができることに越したことはありませんが、まずは1つか2つの手法で勝てるようになってから、そのようなトレードを目指すほうが良いでしょう。

 

事実、アドバンスドホーミングでも、まずは手法2、手法4などを狙えるように推奨されています。

 

安定的な相場と不安定な相場でのアプローチ方法の違い

安定相場と、不安定相場で、テクニカル指標をどのように使い分けるのか、パッと見でわかるように一覧表としてまとめられています。

 

エントリーの流れ

アドバンスドホーミングFXの基本的なエントリーまでの流れは以下のようになっています。

ステップ1:使用通貨の選択
ステップ2:1時間足と5分足で相場状況を確認
ステップ3:手法を選択してエントリーを実行
ステップ4:リスクリワードをOCO設定する
ステップ5:利益確定の延長及び、追加ロットの考慮する

 

このようにエントリーまでの基本的な流れがあるのは、余計な迷いを生むことがないのでありがたいものです。

 

利益を増大させるルール

あなたのトレードスタイルが合致する場合は「必要に応じて」これらのルールを付け加えて下さい。とあるので、おまけコンテンツのような位置づけになるかと思います。

 

ただ、おまけで済ませてしまうには、もったいない内容なので、いずれトレードにプラスしていくことを考えておいて良いでしょう。

 

私のなかで「いずれ」というのは、トレードで十分に収益をあげれるようになった頃を指しています。

 

第4章のまとめ

そのままですね。第4章のまとめです。

 

第5章 利益を出すためにやるべきこと

この章では、利益をだすために、どのようなことをしていくのかについて7つの項目に分けて説明されています。

 

トレードで利益をだすための共通事項のようなもにはなるので、トレードをある程度経験しているかたであれば、1度は見たことがあることばかりだと思います。

 

ですが、知っているのと、できているのは別問題なので、トレードで利益をだせていないのであれば、改めてこの章をじっくりと読んでみると良いでしょう。

 

テキスト内容の紹介は以上となります。

 

アドバンスドホーミングFXがおすすめの人

FX初級・中級者以上の方

初級というのは初心者を抜け出した頃と考えているのですが、レジサポやチャートパターンなど基礎知識は身についている状態を指しています。

 

また、相場分析はある程度できる、でもあと一歩具体的な何かが欲しいといった中級者の方であれば、難しすぎて手がでないということはなく、簡単すぎて物足りないということもないでしょう。

 

どのような相場でもトレード可能なエントリー条件を知りたい

第4 章で解説したとおり、アドバンスドホーミングFXは、ある程度どのような相場でもトレードができるので、そういった希望がある方にはおすすめです。

 

過剰トレードにならないような注意は必要です。

 

優位性のある具体的なエントリールールが欲しい

明確なエントリールールが定められている商材は数多くあるのですが、ここまで相場環境に合わせてエントリールールが決められているものは、私が知る限りアドバンスドホーミングFXしかありません。

 

その分難しくはなりますが、優位性のある具体的なルールが欲しい方にはおすすめかと思います。

 

アドバンスドホーミングFXがおすすめではない人

これからFXを始める入門者レベルの人

これからFXを始めるような方だと、基礎的な知識については解説がないので、難しいと感じるでしょうし、実際にトレードをするまでに至らない可能性があります。

 

アドバンスドホーミングFXでは、フィボナッチを利用することもありますが、マニュアル内にフィボナッチの使い方の説明はありません。

 

こういったことからも、全くの初心者向けではないというのが伝わるかと思います。

 

じっくり時間をかけて取り組む気がない人

少し読めば理解ができるというようなものではありません。

 

じっくり時間をかけて身につけていこうという気持ちがなければ、挫折してしまう可能性が高いので、手を出すのはやめておきましょう。

 

アドバンスドホーミングFXの総評

「どんな相場でも対応できるトレード技術の高いトレーダーになりたい」なら手に入れて、すぐに手法のトレーニングを始めると良いでしょう。

 

真剣に取り組めばトレードで勝てるようになるまでの期間を5年は短縮できる。そういっても大げさではないと思っています。

 

2009年に発売された商材ですが、今なお売れ続けているだけの理由がわかります。ここ数年でこれを超えるものは見ていません。それほど良くできた商材になります。

 

毎日チャートと向き合う時間を確保して、真剣に取り組める方には、自信をもっておすすめできるものです。

 

アドバンスドホーミングFX専用の白山オリジナル特典

※こちらは作成予定のものなので、完成次第の配布となります。

  • アドバンスドホーミングFX専用検証シート
  • サポートブログの手法確認シート
  • 動画一覧シート

これから作成するので、詳しい内容は未定ですが、アドバンスドホーミングFXを学習する上で、「役に立つ」と思ってもらえるものを作成します。完成したら詳細を追記します。

 

通常の基本特典はすぐにプレゼントさせて頂きます。基本特典の内容は以下からご確認ください。

基本特典の紹介ページ

 

白山特典付きでアドバンスドホーミングFXを購入する

 

関連記事

  1. パリス昼豚の5万円FX
  2. maestrofx
  3. maestrofx-225x120
  4. maestrofx-225x120
  5. maestrofx-225x120
  6. gorusupa

お知らせ

maestro

全カテゴリー