Ambush FX実践検証3~どの程度裁量判断ができればいいのか?の巻~

この記事は約3分8秒で読めます

 

通貨ペア:ポンドドル
成績:エントリーなし
合計:エントリーなし

 

Ambush FXエントリールール(簡易説明版)

1、ある特定のポイントにラインを引く(このサイトではこれをAmbushラインと命名)
2、ある時間帯にエントリー条件を満たすことを確認
3、エントリー時間帯にラインを抜けたら抜けた方向へエントリー

※対応通貨ペアは「ユーロドル」「ポンドドル」

 

Ambushラインを上抜けしたとしても

近くに日足レベルでのレジスタンスが控えていたので、

今日は買いエントリーは控え

下抜けしたときのみ売りエントリーしようと考えていました。

 

 

同時にTURBO FXの実践もしていたので、

Ambush FXはOCO注文を入れて放置することにしました。

 

 

こういったトレードができるのは

時間があまりとれない方にはプラスですね。

 

 

その後Ambush FXのエントリー対応時間に入り・・・

 

Ambushラインを上抜けしましたが、

日足のレジスタンスを境に上に抜けたり下に抜けたりと

どっちつかずになっていました。

 

 

そのまま22時になったので設定していた指値を解除しました。

 

 

上抜けでエントリーとした場合はプラス20pips前後はとれていましたが、

リスクリワードを考えると見送ったのは良い判断だったかと思います。

 

 

Ambush FXを実践する上で必要な裁量判断とは?

  • 大きな流れの方向
  • レジサポラインの確認

 

個人的に特に重要と感じるのはこの二つです。

 

 

Ambush FXを実践する上でも、

これぐらいは最低限判断できたほうが良いでしょう。

 

 

日足チャート

screenshot_29

 

大きな流れというのは日足や4時間足を確認して、

上昇しているのか下降しているのか横なのかを判断することですね。

 

 

日足はざっくりとこっちのほうかな程度で十分です。

 

 

上の画像だとやや上昇傾向にはあるもののレンジ気味かな。

抜けたら次のトレンドに移るかな。 程度のことです。

 

 

4時間足チャート

screenshot_30

 

その際、上記の画像のように4時間足で

目安となるレジサポラインを確認しておくと良いでしょう。

 

 

大きな流れと、レジサポラインの確認ができれば、

Ambush FXロジックで簡単なトレードプランが作れるようになります。

 

 

例えば、

 

大きな流れでは上昇してるから買いかな?

でも仮にAmbushラインをブレイクしたとしても近くに日足レベルのレジスタンスがあるな。

そこまでの距離とAmbush FXで狙う利幅を考えるとリスクリワード的にリスクが大きいから今回は買いは控えよう。

 

これは今回の見送り例ですね。

 

 

もしくは

 

大きな流れは上昇しているから買いかな?

仮にAmbushラインを上にブレイクしたとすると、次のレジスタンスラインはAmbush FXで狙う利幅より上にあるからリスクリワード的にとってよいリスクだな。

今回はAmbushラインをブレイクしたら買いでエントリーしよう。

 

あくまでも一例ですが、こんな風に考えることができます。

 

 

当たり前すぎるぐらい当たり前のことですが、

この2つを確認するだけでもダマシにあう確率は減らせるはずです。

 

 

これまでAmbushラインブレイクでエントリーして

上手くいかないと感じていた方は大きな流れと

レジサポラインを意識してみるといいかもしれませんよ。

 

 

追伸

ただし、こういったことをすると

返金対象外となるので自己責任でお願いします。

 

 

アンブッシュFXの評価

採点

再現性5点(すごく良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ1点(普通)
価格と内容のバランス1点(普通)
売り込みの激しさ0点(悪い)

合計10点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー