Ambush FX実践検証5~Ambush FXでダマシに合うときの対処法!の巻~

この記事は約2分28秒で読めます

 

通貨ペア:ポンドドル
成績:1戦1勝0敗
合計:+57.6pips

2014-05-10_13h15_57

 

5月9日の実践記事になります。

 

 

Ambush FXのエントリーポイントを画像で載せてしまうと

ロジックがわかってしまうのでこのサイトでは載せないようにしています。

 

 

今回はポンドドルに絞ってエントリーしました。

 

 

直近の値動きをみる限り、

どちらかというと売り目線になるかなと考えていました。

 

 

ただAmbush FXのルール通り実践していた方だと、

今回のポンドドルのトレードは損切りになっていたかもしれません。

 

 

その理由としてAmbush FXのロジックは

レートがラインブレイクをした瞬間のエントリーになるため

(足の確定などは待たないということ)

エントリーした瞬間に戻ってきてそのまま損切りになることが少なくないんです。

 

 

今日はまさにそういった動きをしたので

上にブレイクした瞬間にエントリーしていた場合

損切りになっていたトレードでした。

 

 

こういったこともあるので個人的にはラインブレイク後に、

谷(山)を作るのを待ってエントリーするようにしています。

そのほうがダマシに合うことが少ないからです。

 

 

谷(山)を作ってからのエントリーとは?

2014-05-10_13h29_28

 

仮に1時間足に画像のようなラインが引けたとすると、

 

 

2014-05-10_13h29_42

 

15分足でブレイクしたときに、黄色の丸でエントリーするのではなく

赤の丸の位置でエントリーするということです。

 

 

ちなみにレジスタンスがサポートへ切り替わるのを待つわけではありません。

あくまでも谷(山)を作ったらエントリーになります。

 

 

赤丸の手前の切り返しが谷(山)ですね。

 

 

なぜレジスタンスとサポートの切り返しを待たないかというと、

ラインブレイクしたときといのは勢いが強いため

サポートまで下がらず上昇していくことが多いからになります。

 

 

今回のトレードでも私は下のラインを抜けて山を作った後にエントリーしています。

 

 

必ず勝てるということではないですが、

ダマシを減らすフィルターとして有効なのでAmbush FXでダマシに合ってしまうなら

こういった方法を取り入れてみてもいいかと思います。

 

 

まとめ

 

久しぶりに実践してみましたが、

Ambush FXは手間がほとんどかかりませんね。

 

 

同時にTurbo FXを実践していましたが特に負担はありませんでした。

 

 

Ambush FXはFXスキルを身につけられるものではありませんが、

手法の一つとして知っておいて損はないんじゃないかと思います。

 

 

アンブッシュFXの評価

採点

再現性5点(すごく良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ1点(普通)
価格と内容のバランス1点(普通)
売り込みの激しさ0点(悪い)

合計10点:B級商材

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー