FX検証方法の記事一覧

白山流のFX検証方法を完全公開

検証の流れを上から順に説明しているので、流れに沿ってご覧頂くとわかりやすいかと思います。 まずはここから この流れで検証を進めたことで今はわりと安定した成績をだせています そもそもなぜFXには検証が必要なのか?   過去チャート検証編 過去チャート検証の目的とは? 過去チャート検証の流れをフ […]

続きを読む

本番リアルトレードへ進むためのチェック項目

充分な資金を用意する 投入資金がなくなっても性活に支障がない 様々な状況に対して準備ができている   充分な当初資金を用意する よく本やネットなどでは、小さい金額からはじめて徐々に増やしていくことでリスクを低くするということが書かれていたりします。   確かにこれができるならそれに […]

続きを読む

リアルトレード検証時の注意点

思ったようにトレードできないことを理解する 何度もいって恐縮ですが、デモトレード検証で思ったようにトレードができてもリアルトレードでは感情が邪魔をして思ったトレードができなくなります。   高さ30センチの平均台なら渡れても、高さ30メートルにかけられた平均台は歩けなくなるようなものだと思っ […]

続きを読む

リアルトレード検証時の全体像を画像で紹介

リアルトレード検証の流れはデモトレード検証と同じになります。   ただし繰り返しになりますが、リアルトレードでは実際にお金が増減するためトレードに対するプレッシャーがデモトレードとは違い、守れていたルールを破りがちになります。   そんなとき、なぜ破ってしまったのかトレード日記に記 […]

続きを読む

リアルトレード検証の目的

感情をコントロールできるようにする デモトレードと同じようルールを守れるようにする 適切なポジション管理をできるようにする 儲けるよりも負けない思考を身につける 3ヶ月連続でトータルプラスにできるようにする   感情をコントロールできるようにする 実際のお金を使い出すと、どうしても欲がでてし […]

続きを読む

リアルトレードへ進むためのチェック項目

トレードにストレスを感じていない デモトレードでも月単位でプラスになっている 最大ドローダウンは10%以内 トレードする時間帯が決まっている   トレードにストレスを感じていない デモトレードなので保有しているポジションが気になって眠れない、損切りになった際に胃がキリキリするといったストレス […]

続きを読む

デモトレード検証時の注意点

すぐにこのルールは使えないと捨てない 過去検証の段階である程度優位性を感じたものはデモトレードで思ったような結果がでなくともすぐに捨てないほうがいいです。   検証をし始めたときが、たまたまルールに不利な相場状況なだけだとすると、その後ルールが有利な状況になったときに気づけないからです。 & […]

続きを読む

トレード成績を改善するにはどうすれば良いのか?

  勝率を上げたいなら 勝率を上げるには、負けエントリーを減らすか、勝ちエントリーを増やすかになりますが、負けを減らすほうがハードルが低いです。   むしろ勝ちを増やそうとすると無駄なエントリーが増えるだけで、成績は悪化する可能性があります。   改善する流れとしては以下 […]

続きを読む

トレード日記に含める内容(日記テンプレートのサンプルを配布中)

エントリーした通貨ペア エントリーした時間帯 売り買いどちらでエントリーしたか エントリーを決定した理由 トレードを見送ったときは見送った理由を書く どの程度自信があったか(自分なりの評価基準としてA.B.C.Dなどがあればなお良し) 利益目標と損切りまでの距離のバランスに問題はなかったか 実際の損益 […]

続きを読む

デモトレード検証の全体像を画像で紹介

  デモトレード検証はこのような流れで行なっていきます。   3ヶ月のうちの最後の1ヶ月は、可能な限りリアルトレードと同じ条件でトレードしていきます。   デモトレード検証時に最も重要になるのがトレードの記録(トレード日記)をつけることになります。   これをす […]

続きを読む

デモトレード検証の目的

より正確な成績を把握しルールの微調整をする ルールを100%守れるようにする ポジション管理を学ぶ そのトレードルールが自分にあっているのか判断する   より正確な成績を把握しルールの微調整をする 過去検証ではエントリーができるポイントまでチャートを進めていました。   そうした状 […]

続きを読む

デモトレードへ進むための3つのチェック項目

トレードルールを説明できる 数年分検証済み 月単位でプラスになっている   トレードルールを説明できるについて 説明は理解していないとできないとい言われる通り、説明ができる状態になっていなければルールを理解していないということになります。   ルールを理解しないことにはデモトレード […]

続きを読む

過去チャート検証時の注意点

ルールは1つずつ検証する 復数のルールを一度に検証してしまうと、どのルールがどれだけの成績なのかという判断がつかなくなってしまうので、1つずつ検証するようにしましょう。   改善するときも1つずつ 3ヶ月、数年分の検証の結果を元にトレードルールを改善するときですが、一度で復数ルールを変更する […]

続きを読む

数年分の過去チャートを検証する理由

年間を通じて上昇している相場   年間を通じてレンジ傾向の相場   年間を通じて荒れている相場 なぜ数年も検証しなくてはならないかというと、上記画像のように年間を通じて様々な相場になるため、作成したルールはどのような相場でもトータルでプラスになるのか?ならないのか?   […]

続きを読む

4年分検証をしてみた結果

前回までは 【STEP1】3ヶ月ざっくりと検証 【STEP2】3ヶ月分のトレード履歴を確認 【STEP3】ルールの改善・破棄 についてでしたので、今回は続きを説明していきます。   【STEP4】数年分の過去チャートで検証する 今回は2008年1月から2011年12月までの4年間を検証しまし […]

続きを読む

実際にチャートを動かして検証しよう!

過去検証の全体の流れは以下のようになっています。 過去検証はざっくりした検証なので勝ち負けに拘らず気楽に進めて下さい。   【STEP1】3ヶ月ざっくりと検証 全体の流れでいうと画像の段階になります。 では、この3ヶ月分を実際にFT2を進めながら検証をしていく流れを解説していきます。 &nb […]

続きを読む

FT2を使った検証のメリット・デメリット

メリット ■検証スピードが早く効率よくできる MT4は少しレートを戻すということができませんが、FT2は戻せるので進めすぎたときは、戻してルールが当てはまる状況でエントリーし直すことができます。   ■復数の通貨ペアを同時に表示できる FT2は復数の通貨を同時に進めることができるので通貨の相 […]

続きを読む

過去チャート検証時のFT2設定について画像を使って解説

FT2には「ヒストリーモード」「テストモード」の二つがあります。   ヒストリーモードの役割 使用する通貨の過去チャートを作成する為に使います。   テストモードの役割 作成した通貨の過去チャートを実際に動かしてエントリーや決済をしていきます。   大まかな流れとしては、 […]

続きを読む

検証するトレードルールを考えてみよう

ルールがなくては検証ができないので、仮に以下のようなルールを考えてみました。   通貨ペア:ポンド円 使用インジケーター:MA21・RSI14 表示させる時間軸:4時間足・1時間足 時間帯:8時から23時の間 エントリー条件 ①1時間足MA21に角度がある ②1時間足のレートがMA21から離 […]

続きを読む

お知らせ

maestro

全カテゴリー