Dealing FX実践検証2~戻り売りを狙ったパターンの巻~

この記事は約1分41秒で読めます

通貨ペア:ユーロドル
1戦1勝0敗
合計:+33.9pips

2013-06-28_14h49_54

 

ここ数日ユーロドルは、わかりやすい下降トレンドだったので、トレードしやすい相場だったといえます。

 

28日現在も下降トレンドの途中という見方をしていますが、勢いは弱くなってきていますね。

 

こういったときはもみ合うことも多いので要注意なポイントと言えそうです。

 

今回の実践記事は25日(火)に実践したものになります。

15分足チャート

2013-06-26_00h44_44

サポートブレイク後の戻り売りを狙ったパターンです。

 

ローソク足の形としては上昇してもおかしくはない気もするので、MAの反発を確認してからでも良さそうなポイントではあるんですが、上位時間足の下降動意の強さを考えて待たずにエントリーしました

 

15分足チャート

2013-06-26_17h37_01

エントリーに関してはDealing FXのルールに従いましたが、利食いのポイントは4時間足をみて決めていました。

 

ですので、ディーリングFXのルールだと損切りしなくてはいけないポイントもあったんですが、そのまま保有し赤丸の辺りで決済となりました。

 

ただ、デイトレードで17時間は保有しすぎなので、この場合一旦どこかで降りて、再度プランを考えたほうが良かったといえます。

まとめ

ポジションをどのように保有するのかというのは、トレーダーによって別れるところですが、はじめはルールに従ったほうが損を膨らますことにはなりません。

 

ただ当たり前ですが、ルールに有効性がなければ、従い続ければ続けるほど損失をふくらませてしまうので有効性が確認できているものでなければなりません。

 

Dealing FXがどうかというと、私がフォレックステスター2で半年ほど検証した結果トータルプラスで終えることができましたのでルール通りトレードしたさいの有効性は高いと考えています。

 

裁量商材なのでルールに従ったとしても成績が同じになることはないのですが、一つの目安として参考にして頂ければと思います。

Dealing FXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー5点(すごく良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス3点(良い)
売り込みの激しさ5点(すごく良い)

合計19点:A級商材

 

ランク説明

点数画像

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー