FXスキャルマスター実践検証3~エントリー待ちの判断の巻~

この記事は約1分35秒で読めます

 

※ツチノコ(クリック拡大)

ツチノコ

 

※ゲジゲジ(クリック拡大)

geji

 

FXスキャルマスターは順張りロジックなので、トレンドが発生していない相場では待つことになりますが、いままさにその状況といったところです。

 

(1時間足)

2013-07-04_09h48_11

 

一時間足をみると、続いていた上昇トレンドが崩れています。

 

大きく下げた後はもみ合うことも多いので、無理にポジションをとると損切りに引っかかりまくります。

 

なので、ここはしばらくは様子見です。

 

(5分足チャート)

2013-07-04_09h51_22

 

5分足チャートを見ても、ひと目でレンジとわかりますね。

 

スキャルマスターの場合、レンジ相場とトレンド相場が視覚的に判断しやすいのが特徴です。

 

(5分足)

2013-07-04_11h08_53

 

なにも使っていないチャートにレジサポラインを引いて、レンジ相場を判断していた場合、赤丸の位置でブレイクしたと思い、売りでエントリーしてしまっていたかもしれません。

 

スキャルマスターは、新しいゲジゲジが前回のゲジゲジを超えてくるとレンジブレイクの目安になるので、ダマシは減らせるといえるでしょう。

 

(5分足チャート、上の画像と同じところ)

2

 

逆にいえば、トレンドの発生に乗り遅れるともいえますが、ダマシにあってストレスを感じるぐらいなら遅れたほうがいいでしょう。

 

人それぞれ自分にあったトレードスタイルというのは違うので、自分に合った方法を選んでいくようにすると間違いないかと思います。

 

(1時間足チャート)

3

 

とりあえず今は様子なので、1時間足に引いたラインを超えてエントリーできそうなポイントが来るのを待ちます。

 

スキャルマスターFXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス1点(良い)
売り込みの激しさ5点(すごく良い)

合計15点:A級商材

 

ランク説明

点数画像

 

FXスキャルマスターを購入する

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー