FXスキャルマスター実践検証9~負けの数は多くてもトータルではプラスの巻~

この記事は約3分42秒で読めます

通貨ペア:ドル円
2戦1勝1敗
合計:+36.3pips

2013-08-02_23h51_57

 

※ツチノコ(クリック拡大)

ツチノコ

 

※ゲジゲジ(クリック拡大)

geji

 

FXスキャルマスターは小さく負けて、コツコツ勝って、たまに大きく勝つという商材になりますね。

 

今日は小さく負けて、大きく勝つというトレードでした。

 

勝率は50~60%ほどに落ち着くかと思いますが、損益率が高いのでトータルではプラスになります。

 

1回目のエントリー

1分足チャート(エントリーした位置の解説)

1

 

エントリーパターン1の条件に当てはまったので買いエントリーしました。

 

逆指値は直近の安値の少し下に設定しています。

 

2-1

 

改めて見ると、前回高値を下抜けして足が確定しているので、上昇の勢いが少し削がれた動きになっていますね。

 

こういったときはエントリーを見送るのが無難かもしれません。

 

1分足チャート(逆指値にかかり損切り)

2

赤丸のあたりで逆指値にかかり損切りとなりました。

-6.7pips

 

逆指値に設定した位置を下回った位置というのは、高値が更新できず、安値も切り下がっているところなので、そのまま下降するか、もみ合いになる可能性が高いポイントになります

 

ですので、すぐに再エントリーをすることは考えず、しばらく様子をみたほうがよいと判断しました。

 

余談ですが成り行きで損切りしようと思うと躊躇してしまうこともあるので、逆指値で設定するようにしたほうがいいです。

 

成り行きで問題なく損切りできるとしても、急に大きく動くことがあるので保険という意味で許容できる範囲内に逆指値を設定することをオススメします。

 

1分足チャート(決済後の値動き)

3

 

その後の動きですが、もみ合いになり不安定な値動きになっています。

 

米雇用統計が控えていることもあり、値動きもあまりない状態だったので米雇用統計後にエントリーできそうであればしようと考えていました。

 

2回目のエントリー

1分足チャート(エントリーポイント解説)

4

 

米雇用統計の約1時間後になります。エントリーパターン1の条件に当てはまったので売りエントリーしました。

 

2013-08-02_22h51_08

 

このエントリーは1回目のエントリーと違い、直近の安値に抑えられる形で下降しているので下降の勢いが削がれていません。

 

1分足チャート(逆指値の位置の移動を変更)

5

 

私は直近の安値を超えたところで、逆指値を新しくできた山の少し上に移動させます。

 

この時点で負けはなくなりました。

 

山ができずに勢い良く下降していったなら、山ができるまでは逆指値を移動させません。

 

ただ、チャートをずっと見ながらやっていた場合には、どこかで移動させる可能性はあります。

 

1分足チャート(逆指値の位置の移動を変更)

6

 

同じように逆指値を移動させ、利を伸ばしていきます。

 

1分足チャート(決済の位置の解説)

7

利食いの目標まできたので成り行きで決済しました。

+43pips

 

1時間足チャート

8

 

どこまで利を伸ばすかでも悩みますが、今回は1時間足のツチノコの下腹を利食い目安にしていました。

 

これまで散々1時間足のトレンド方向にエントリーしたほうが良いとは言ってきたので、言ってることとやってることが違うと感じるかもしれません。

 

ですが、相場の状況によっては、こういったトレードをしてもとくに問題はありません。

 

自分でなにをやっているかわからずにエントリーしているのは問題なので、その場合には1時間足のトレンド方向にのみエントリーしていくと良いかと思います。

 

まとめ

 

個人的にFXスキャルマスターは、かなり扱いやすさを感じています。

 

今回のように、たまに大きく利を伸ばすだけでも、トータルでプラスになるというのがわかっているので損切りをしまくったとしてもそれほどストレスがかかりません。

 

例えば1回の負けが5pips1回の勝ちが5pipsたまに大きく勝つのが30pipsだとして、勝利50%で10回エントリーをしたとすれば、

 

5回負け(-5pips×5=-25pips)

4回勝ち(+5pips×4=+20pips)

1回大きく勝ち(+30pips×1=+30pips)

 

合計:+25pips

 

このようにトータルでプラスになります。

 

負けが多いとストレスがかかるのであれば勝率が高い手法を選ぶ必要がありますが、トータルで勝てるなら負けの数は気にならないという方にはスキャルマスターは相性がいいですね。

スキャルマスターFXの評価

採点

再現性3点(良い)
購入後のアフターフォロー3点(良い)
応用のしやすさ3点(良い)
価格と内容のバランス1点(良い)
売り込みの激しさ5点(すごく良い)

合計15点:A級商材

 

ランク説明

点数画像

 

FXスキャルマスターを購入する

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー