そもそもなぜFXには検証が必要なのか?

 

なぜ検証が必要なのかというと結論からいえばトレードで安定した成績をだせるようになるためです。

 

安定した成績をだすためには、優位性のあるトレードルールが必要になります。

 

そして、この優位性のあるトレードルールを作成するのに必要なのが検証なのです。

 

優位性のあるトレードルールは自分でしか作れない

世の中にトレードルール(手法)は数多くあり、その中にはおそらく優位性のあるトレードルールというのはあると思います。

 

ただ、その優位性のあるトレードルールを使ったとしても、Aさんは勝てたとしてもBさんは勝てるとは限りません。

 

なぜならAさんと、Bさんは人が違うからです。

 

何に喜び、何に怒り、何を好きで、何が嫌いか、などが違うためAさんには相性が良く勝てる手法だとしても、Bさんには合わず勝てないということですね。

 

事実としてマーケットの魔術師という本で世界有数のトレーダーが数人紹介されいますが、誰一人として同じ手法を使っている方はいません。それぞれが違った手法で大成功を収めているのです。

 

つまり、誰かには優位性のあるトレードルールでも、それが自分に優位性があることにはならないため、「自分にとって優位性のあるルール」というのは「自分で考えなくてはならない」ということです。

 

なので私はサイト内でFX商材を紹介していますが、それらも(商材に限らず、一般書籍、ネット上で公開されているもの含め)全て検証をした上で、自分にとって優位性があるルールへと改善していく必要があるということになります。

 

検証を続けると感情をコントロールできる

  • 連続で負け続けると不安になる
  • 資金が減ることで不安を感じる
  • エントリーしたもののエントリーが正しかったのか悩む
  • 決済した後に考えていた方へ進んで後悔をする

 

トレードにこのような感情を持つ方は多いですが、充分に検証された優位性のあるルールでトレードをしているのであれば感情が乱れることは少ないはずです。

 

ですが充分に検証がされていないルールだとトレードを繰り返すごとに収益が上がるという自信が持てないため感情がコントロールできません。

 

その結果、その場その場のトレードを繰り返してしまいます。

 

こういった悩みを解決することも検証の役割になのです。

 

検証をする中で、このルールはどれぐらい連敗が続く可能性があるのか?最大の損失はどの程度になるのか?エントリーをいつするのか?決済はいつするのか?といったことを把握し、トータルでプラスになるという自信が持てるようになります。

 

この状態になれば、それほど感情に左右されることなくトレードを続けていけるようになります。

 

自分の得意なパターンでエントリーするため

前の話とかぶるところも多いですが、トレードは自分に優位性があるポイントで繰り返しエントリーをすることで利益を詰み上げていく作業になります。

 

そして優位性のあるポイント言うのは、ここでエントリーすれば負けない可能性が高いという「自分の得意なパターン」になります。

 

ですが、当たり前ですが得意なパターンがなければ、得意なパターンでエントリーすることはできないので得意パターンを作らなくてはなりません。

 

そして得意パターンを作り上げていくために必要なのが検証という作業になります。

 

検証をするなかで得意パターンができてくると、それ以外の状況に惑わされることが少なくなるため安定して勝てるという感覚がそれとなくわかってきます。

 

つまりトレードで安定した成績をだせるような得意パターンを見つけるために検証は必要ということになります。

 

まとめると、トレードで安定した成績をだせるようになるために検証は必要ということですね。

 

>>過去チャート検証の目的とは?

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー