トレード日記に含める内容(日記テンプレートのサンプルを配布中)

この記事は約1分28秒で読めます

  • エントリーした通貨ペア
  • エントリーした時間帯
  • 売り買いどちらでエントリーしたか
  • エントリーを決定した理由
  • トレードを見送ったときは見送った理由を書く
  • どの程度自信があったか(自分なりの評価基準としてA.B.C.Dなどがあればなお良し)
  • 利益目標と損切りまでの距離のバランスに問題はなかったか
  • 実際の損益
  • その他気づいたことなど

 

これだけ記入する項目があると面倒かもしれませんが、どの項目もより優位性の高いエントリーができるようにしていくために必要なものになるので、記録しておくことをオススメします。

 

何に記録するかですが、これは自分が使いやすいものであれば、PCのメモ帳、エクセル、紙のノートなんでも良いです。

 

私から商材を購入された方にはエクセルで作成したトレード日記テンプレートをお渡ししているので、そちらを使って頂ければ主要な数値は自動で計算されるので手間が減らせるかと思います。

 

サンプルとして自動計算機能を取り除いた日記テンプレートをダウロードしておくので、使ってみてください。

 

トレード日記テンプレートのサンプルをダウロードする

 

トレード日記が続けられない

記入する項目が多く日記を書き続けることができないという方は、まずは自分が必要と思う項目のみピックアップし、書くことを続けられるようにしてみてください。

 

もちろん上記で上げた項目というのは重要ではありますが、記録し続けることができないのであれば、まずは記録し続けられる方法を選んだほうが長期的に見るとプラスになるはずです。

 

またはトレード回数が多くて、全てを記録するのが面倒ということであれば1日1回エントリーするようなスタイルが自分には合っているのではないかといったようにトレードスタイルを見直す切っ掛けになるかもしれません。

 

誰にでも当てはまる正しい日記の付け方というのはないのですが、トレードの記録を取るということはトレーダーであれば必要なことなので、自分が続けられるよう自分で試行錯誤することがなによりも大切になります。

 

>>トレード成績を改善するにはどうすれば良いのか?

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー