リアルトレード検証の目的

  • 感情をコントロールできるようにする
  • デモトレードと同じようルールを守れるようにする
  • 適切なポジション管理をできるようにする
  • 儲けるよりも負けない思考を身につける
  • 3ヶ月連続でトータルプラスにできるようにする

 

感情をコントロールできるようにする

実際のお金を使い出すと、どうしても欲がでてしまい、トレードで稼ぐことを期待してしまいます。

 

稼ぐことを期待すると、負けたときに裏切られた気持ちになり怒りが湧きます。

 

その結果、一度で取り戻そうとロット数をあげたりしてしまいます。

 

また、トレードに期待すると、このトレードでは絶対に勝つのだと頑固になり、流れが変わっているのにも関わらずポジションを保有し続けます。

 

連勝が続き次も勝てると期待すると、自意識過剰になり資金管理ルールを破りそれまでの利益を1度のトレードで全てなくしてしまいます。

 

つまり感情のコントロールでまずすべきことはトレードに期待をしないことです。

 

無駄な期待をしないようにするには、あなたがどういったときに、どんな期待しているのか把握する必要があります。

 

そして、期待をしてしまった切っ掛けがなにかを考え、その切っ掛けがなくなるようにすることで、トレードに期待をすることが減っていきます。

 

例えば私の場合、大きく負けたとき次のトレードでその損失を取り戻そうと、本当であればルールとして利益目標とするところを目標とせず、前回の損失が取り戻せる位置を都合よく利益目標としたりしていました。

 

ここでの期待は、「前回の負けを次のトレードで取り返す」と思うことになり、期待することの切っ掛けとなったのは、「大きな負けトレード」でした。

 

ですので私の場合は、「大きな負けトレード」をしないことで、「次のトレードで損失を取り戻す」とういような期待をしなくなりました。

 

このように、リアルトレード検証を通じて、自分がどういったときに感情をコントロールできなくなるのかを把握し、さらにルールを付け加えて優位性のあるトレードルールを作り上げていきます。

 

優位性のあるトレードルールがあれば、ポジション一つ一つに過度な期待をすることはなくなります。

 

ただ、言うは易く行うは難しとはよく言ったもので、これらができるようになるには、何度も同じ失敗を繰り返してしまうかと思います。

 

自分の馬鹿さ加減に嫌気がさして、もしかしたら自分はFXで一生勝てないのでは?もう辞めたほうがいいのでは?と思うこともあるかもしれません。

 

ですがその度に記録をし、次にそれをしないためにはどうすればよいかを考えて、実行することで、少しずつ改善されていくので、FXで安定した成績をだしたいと思うのであれば諦めずに頑張ってみてください。

 

デモトレードと同じようルールを守れるようにする

デモトレードで結果かがでているんだからルールを守ることは簡単と思われるかもしれませんが、先ほども言ったように感情面でルールを守ることが難しくなります。

 

ルールを守るというのは頭で考えている以上に難しいものです。

 

そこで、リアルトレード検証ではポジションサイズをできるかぎり低くします。

 

そうすることでいくら感情に振り回されて損失をだそうが、リカバリーできない損失を抱えることがないようにしておきます。

 

この段階で自分がトレードにどういった感情を持つのか充分に知りましょう。

 

そして感情の記録をすることで(こういったとき怒りを覚えた、こういったとき期待してしまった、など)、どういったときに感情が乱れ、それを乗り越えるためにはどうすればいいのかがわかってきます。

 

これをしておくことで、本番トレードを始めたとき同じように感情のコントロールできなくなったとしても、自分の感情のパターンがわかっているため、乗り越えるためのハードルは低くなります。

 

もしはじめから本番トレードで運用してしまうと、自分の感情パターンを経験する前に資金が底をついてしまいます。

 

ですがポジションサイズを低くして検証することで、長い期間トレードをすることができ、そのぶん多くの経験ができるのです。

 

リアルトレード検証の段階で感情をコントロールする術を覚えて、ルールをしっかりと守れるようにしておきましょう。

 

適切なポジション管理を守る

デモトレード検証でポジション管理を学んだので、この時点でトレードルールに合ったロット数を把握しているかと思います。

 

ですが、先程も言いましたが感情面でコントロールを失い、適切なポジション管理を破り、負けた分を一気に取り返そうとロット数を上げてエントリーしたりします。

 

こういったことがないように感情のパターンなど記録してきます。

 

自分がどういったときにポジション管理を破るのかというのも、自分しかわからないことなので、しっかりと記録し守れるようにしていきましょう。

 

儲けるよりも負けない思考を身につける

これは感情をコントロールすることに繋がりますが、トレードをしているとき儲けることに意識が向いていると最悪なトレードをしてしまいます。

 

ですので儲けることに意識を向けるのではなく、いかに無駄な負けを減らせるかに意識を向けるようにしましょう。無駄な負けが減れば結果的に儲けは増えてきます。

 

3ヶ月連続でトータルプラスで終わる

今日FXを始めた方でも連続10回勝つことはありえますが、今日FXを始めた方が3ヶ月連続でトータルプラスになるというのはほぼ考えられません。

 

そういった意味で3ヶ月連続でトータルプラスになるというのは、ある程度手法が確立され、感情もコントロールできている状態となり、トレードで安定した成績をだせているという一つの目安になると考えています。

 

スイングトレードなら年間を通じてトータルプラス、スキャルピングなら一週間でトータルプラスなどスタイルによって変わってくると思いますが、デイトレードなら3ヶ月連続でプラスになればトレーダーとしてのスキルがある一定のレベルになっているといえるでしょう。

 

>>リアルトレード検証時の全体像を画像で紹介

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー