実際にチャートを動かして検証しよう!

過去検証の全体の流れは以下のようになっています。

過去検証はざっくりした検証なので勝ち負けに拘らず気楽に進めて下さい。

 

【STEP1】3ヶ月ざっくりと検証

全体の流れでいうと画像の段階になります。

では、この3ヶ月分を実際にFT2を進めながら検証をしていく流れを解説していきます。

 

①Stop testをクリック
②テスト開始日を指定するを選択
③検証を始める期間を指定

 

まず、FT2で検証をスタートするために期間設定をします。

 

今回はヒストリーモードにて2000/01/01のデータから取得しているので、データの最初からテストを選ぶと2000/01/01からスタートしてしまいます。

 

ですので、テスト開始日を指定するを選び2011/11/01~2012/01/31の3ヶ月を検証するようにします。

 

検証期間のみのデータを取得している場合(例えば2011/11/01~2012/01/31だけのデータを取得している場合など)は、データの最初からテストを開始するを選択して問題ありません。

 

 

④バーを進めルールが当てはまる位置まで進める

 

画像の④を押すとバーが1本進むので、そこを連続て押してエントリー条件がそろう位置までチャートを進めていきます。

 

スペースキーを押しても同じようにバーが1つずつ進むので、押しっぱなしにすると楽です。

 

⑤ルールが当てはまったらエントリー

 

エントリー条件
①1時間足MA21に角度がある
②1時間足のレートがMA21から離れている
③1時間足のRSIが80以上に位置している
④1時間足のRSIが80以上から内側へ侵入したのを確認してエントリー

 

上記のエントリー条件に当てはるポイントが見つかったので売りエントリーをします。

 

この段階でロット数は特に気にしていません。まずルールそのものに有効性があるかチェックしています。

 

⑥エントリー後は決済ポイントがくるまでバーを進める

 

損切り:1時間足の直前の谷(山)の少し下
利食い:4時間足のMA21付近
強制決済:24時になったら

 

ここでは強制決済ルールに従い23時で成り行きで決済となりました。

 

⑦ ④~⑥を検証期間の間繰り返す

 

「④バーを進めルールが当てはまる位置まで進める」→「⑤ルールが当てはまったらエントリー」→「⑥エントリー後は決済ポイントがくるまでバーを進める」

 

 

【STEP2】3ヶ月分のトレード履歴を確認

⑧3ヶ月の検証が終わったらトレード履歴をから成績を確認する

 

このルールだと成績はこのようになりました。

 

見えないと思いますが、

 

3ヶ月で4回のエントリー
勝率は25%
トータルは-78pips

 

という成績になっています。

 

【STEP3】ルールの改善・破棄

⑨ルールを捨てるかor付け加える

 

3ヶ月分を検証した結果、散々な成績だったのでこのルールは捨ててもよいのですが、ここでは説明のため改善する方向で進めていきます。(この段階で満足できる成績であれば、STEP3は飛ばしてSTEP4の数年分の検証へ進んで下さい)

 

勝率は25%で、エントリー回数も少なく、さらにトータルもマイナスでいいとこなしですが、全部を一度に改善すると結果が良くなったとしても、どの改善策が良かったのか把握できないので1つずつ改善していきます。

 

改善すると言っても今の段階ではどう改善すれば良いかわからないので、ひとまずエントリー状況がどうなっていたのか確認してみましょう。

 

フォレックステスターは口座履歴をクリックすると、エントリーしたポイントまでチャートを戻すことができるので、エントリー状況がどうなっていたのか確認します。

 

確認してみると4回のうち2回のエントリーで、23時に強制決済した後にエントリー方向へ進んでいることがわかりました。

 

そこで決済ルールの23時までを変更して、エントリー後は損切りにかかるか、4時間足のMAに触れるまで保有。というものにし再度同じ期間を検証してみます。

 

損切り:1時間足の直前の谷(山)の少し下
利食い:4時間足のMA21付近
強制決済:24時になったら→削除

 

⑩ルールを改善後、再度同じ期間を使ってルールを検証

 

ルールを変更した結果

またまた見えないと思いますが、

 

3ヶ月で4回のエントリー
勝率は50%
トータルは+236.6pips

 

このようになっています。

 

勝率は50%になりトータルではプラスになりました。

 

勝率50%でトータルプラスになったので、今回はこれで合格として次は同じルールを使い数年分検証していきます。

 

もし納得できるルールができなければ、④~⑨を繰り返してルールを改善するか、すぱっと捨てて別のルールを作成し最初の手順から進めて下さい。

 

少し長くなってきたので数年分の検証の説明は次回へとさせて頂きます。

 

>>4年分検証をしてみた結果

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー