検証するトレードルールを考えてみよう

この記事は約3分25秒で読めます

ルールがなくては検証ができないので、仮に以下のようなルールを考えてみました。

 

通貨ペア:ポンド円
使用インジケーター:MA21・RSI14
表示させる時間軸:4時間足・1時間足
時間帯:8時から23時の間

エントリー条件
①1時間足MA21に角度がある
②1時間足のレートがMA21から離れている
③1時間足のRSIの20以下(80以上)に位置している
④1時間足のRSIの20以下(80以上)から内側へ侵入したのを確認してエントリー

損切り:1時間足の直前の谷(山)の少し下
利食い:4時間足のMA21付近
強制決済:24時になったら

 

レートの行き過ぎを狙った乖離トレードのようなものです。

 

思いつきで考えたルールなので優位性があるかないかわかりません。今回は実際にこのルールを検証する流れで解説していきます。

 

検証するルールがない方は上記ルールで流れに沿って同じよう試して見てください。

検証するルールを手に入れよう

  • 身近にいるトレーダーに教えてもらう
  • ネットなどで調べる
  • 書籍を購入する
  • FX商材を購入する
  • 経験から仮説をたてる

検証するためのルールを手に入れるには、おそらくこの5つの方法のどれかになるでしょう。

身近にいるトレーダーに教えてもらう

身近に教えれるだけのスキルをもったトレーダーがいて、その方が手とり足とり教えてくれるというのであれば、この方法で教えてもらうのが良いでしょう。

 

ただ、そういったトレーダーが身近にいるのは稀だと思いますので、だいたいの方はネットで調べるか、書籍や商材を購入するのが一般的になります。

ネットなどで調べる

いまはネットで調べればわからないことはないといっても良いぐらいになっていますので、FXのトレードルールに関しても調べればいくらでもでてきます。

 

その中には商材として売られていてもおかしくないもの、むしろ売られているものよりも優位性があるのではないかと思えるものなどもあります(検証していないので実際のところはわかりません)。

 

ですので、そういったルールを調べて自分に合いそうなものがあれば、検証してみると良いかと思います。

 

ただ、ネットで公開されているものは、ルールを箇条書きにしたようなものが多く、相場の背景を読み解く方法などは解説されていないことが多いので、その辺りの知識は別で学ぶ必要があるかもしれません。

書籍を購入する

まずルールを手に入れようと考えたとき書籍の購入を頭に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、私はこれまでにFXに関する本を100冊前後は読んできましたが、検証するほど具体的なトレードルールが書かれていたものはなかったので、ルールを手に入れるという意味では書籍はあまりお勧めできるものではないのが正直なところです。

 

個人的に書籍は、具体的な手法やルールを知るためではなく、考え方などを学ぶのに利用するのが良いかと思っています。

 

ただし、誤解のないように言っておくと、私はそもそもルールを手に入れようと思ってFXの書籍を購入したことがないので、もしかすると具体的ルールが書かれたものもあるのかもしれません。

 

もし優位性のあるルールが書かれた書籍を知ってる方がいれば、ご一報頂ければ幸いです。

FX商材を購入する

私がこういったサイトを運営しているからというわけではないのですが、ルールを手に入れるためにFX商材を購入するのは有効な手段の一つだと思います。

 

その理由は、ネットでルールを調べた場合には、相場の背景を読み解くための知識などは別で勉強する必要があると言いましたが、FX商材の場合は、どのように相場の背景を分析をして、ルールをどのように活用していくのかが解説されているものです(中にはされていないものもありますが・・)。

 

そもそもFX商材は手法・ルールを学ぶために特化して作られているものなので、ルールを手に入れるという意味ではもってこいのものなのです。

 

ただし、価格は一般的な感覚からすれば高額なため、どの商材を選ぶかは充分に検討する必要があります。

 

また購入して実践すれば勝てるようになると勘違いさせる売り方をしていることが多いので、そういったことはありえないと理解して手にしなくてはなりません。

経験から仮説を立てる

これはそのままなんですが、ある程度トレードをしていると、「こういった状況のときは、こう動くことが多い」ということに気づいたり、トレード日記を読み返しているときに、こうしてみたら良いのではないかと気づくことが有ります。

 

それをザックリとしたルールにして、検証をしてみるということですね。

 

ちなみに今回検証に使っているルールは、本当にただの思いつきで、RSIは基本的に70%以上が買われすぎ、30%以下が売られすぎなら、それ以上の80%、20%という水準まで来たときには、どの程度反転してくるかな?と気になったので検証してみました。

 

ルールを手に入れる方法についてはこんなところになります。

 

>>過去チャート検証時のFT2設定について画像を使って解説

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー