パソコンを起動させると同時にMT4を自動で起動させる方法

この記事は約2分30秒で読めます

自動でMT4を起動させる具体的な手順

1.MT4のショートカットを作る

2.スタートアップフォルダにショートカットを入れる

 

やることはこの2つだけです。

 

MT4のショートカットを作る

FXDD

MT4をインストールすると自動でショートカットが作られるので、デスクトップに上記のようなファイルがあると思います。

 

これがショートカットになります。

 

このショートカット使ってもいいのですが、デスクトップにショートカットがないのも不便だと思うので、ショートカットを右クリックをし、もう一つショートカットを作ります。

 

FXDD2

そうすると同じものが2つできるので、1つをスタートアップフォルダに入れます。

 

スタートアップフォルダを開く

まず隠しフォルダを表示されるようにしてください。これをしないとスタートアップフォルダまでたどり着けません。

 

「Windows10」「Windows8」の隠しフォルダ表示方法

2015-08-14_12h15_12

どのフォルダでもいいので開くと、上部タブに「表示」があるので、それを選択して、「隠しファイル」にチェックを入れます。

 

「Windows Vista」「Window7」の隠しフォルダ表示方法

スタート(PC左下のWindowsマーク)
└コンピューター
└整理(上部メニュー)
└フォルダーと検索のオプション
└表示(上部タブ)
└「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れる

 

これで隠しフォルダが表示されるようになりました。

 

次にスタートアップフォルダにショートカットを入れていきます。

 

Window10のスタートアップフォルダの位置

※「Windows Vista」「Windows7」「Windows8.1」も同じです。

ローカルディスク(C:)
└ユーザー(もしくは User)
└ユーザー名(アカウント名なのでユーザー名というフォルダはありません)
└AppData
└Roaming
└Microsoft
└Windows
└スタート メニュー(もしくはStart Menu)
└プログラム(もしくはPrograms)
└スタートアップ(もしくはStartup)

 

ちなみにAppDataが隠しフォルダなので、隠しフォルダを表示するようにしておかないと、表示されません。

 

Window XPのスタートアップフォルダの位置

ローカルディスク(C:)
└Documents and Settings
└ユーザー名
└スタート メニュー(もしくはStart Menu)
└プログラム(もしくはPrograms)
└スタートアップ(もしくはStartup)

 

ここまででスタートアップフォルダが開いている状態になるかと思います。

 

開いたスタートアップフォルダにショートカットを入れる

2015-08-14_11h37_58

表示されたスタートアップフォルダに、作成したショートカットを入れます。

 

やることは以上です。

 

これでパソコンを立ち上げると自動でMT4が起動するようになりました。

 

自動で起動するか、パソコンを再起動して試してみてください。

 

ちなみに自動で起動させたいソフトがあれば、そのソフトのショートカットを作成し、スタートアップフォルダに入れると自動で起動するようになります。

 

ただし、パソコンのスペックが低い場合、たくさんのソフトを自動で起動させるようにするとパソコンが重くなったりフリーズしたりする原因になるのでご注意ください。

 

関連記事

お知らせ

maestro

全カテゴリー